2016年04月28日

我が非


あるドラマで印象に残るセリフが。

不正を続けてきた組合の委員長が解雇を不当とし、会社重役の主人公に我を見失い掴みかかった瞬間、彼に向かって放たれた言葉


「おまえの一番駄目なのは、自分の非がわからないところだ」


……なかなかに唸ってしまいました。

「自分の非を認めない」というのはメジャーですね。私たちは他人のことだとよくわかる。

「彼は自分がいかんことをしているのをわかっていながら、それを認めない」

と思ってたりする。しかしわかっていながらではなく、そもそもわかってないのだとしたら……

自分自身もそう。自分の駄目なところはわかっているつもりで生きていたりする。しかしそもそもわかってないのだとしたら、これはとても大変なことだし、険しい道のりとなる。

小さなあかんは沢山あるとして、最悪逮捕され、最悪有罪判決がでて、最悪それが極刑だったとして初めて気がつくか、もしくはそれでも気がつけないのか。

当人が、「いかんことではない」という意識からスタートしてるかどうかはこれまた疑問。最初は出来心、最初はちょっとした保身。しかし嘘は必ず重ねることになり、そのうち自分で「正しいこと」にすり替えないと、精神が保てなくなる。

まさしく自分の非がわからなくなるプロセスを辿り、反正義、反正統的な価値観で自分を充たさないと生きていけなくなる。

実際、社会的制裁を受けた人でも、「記憶にない」発言ばかりか、自分に都合の良いように言い訳を作り近しい人たちに信じさせ、二重に騙し二重に迷惑をかけて自分を保とうとするパターンもある。

世の中には、そんな個人的好都合虚偽が山のように横行してたりするのでしょう。

そんな人が一番駄目なのは、言っている内容、やっていることはもちろんだが、やはり根っこは

「自分の非がわからなくなるくらい、自分本意でしか生きてこられなかった」

という部分だろう。

こんなこと書いてたら信じてもらえないかもしれないが、僕は「白黒はっきりさせたい」という自分ではないと思ってます。グレーゾーンとの共生が人間らしいと思ってますし、そんな幅のある社会がいいなあと思っている。

ただ、自分の非はわかる人間でいたい。でないと、人に迷惑かけてても気がつかないし、嫌われていても気がつけないわけだし。

それは、最も恐ろしいことのひとつで、どうしても開き直ることはできない。


ピアノ合わせ。N響定期。

posted by take at 21:14| 活動報告