2016年04月22日

肩こりと口内炎


「吉川さん、ずっとその靴ですか?」

ある人が足元を見てきた。

「そう。もう5.6年になるけど、これオンリー」

「やっぱりいいですか?痩せます??」

「これしか履いてないし正直わからないのよ。今普通の靴履くと逆に歩きにくいので、これになれちゃったんだね。一応普通の靴と使う筋肉が違うのは確かみたい。ただそれでトレーニングになってるのかはわからない。ダイエットになるのかはもっとわからない」

僕が履いているのは『MBT マサイ・ベアフート・テクノロジー』というもの。身体能力の高いマサイ族の歩き、つまり一切平らのないオフロード仕様に研究されたもので、爪先とかかとが浮いており、立つと不安定になるもの。それで、普段は鍛えようのないインナーマッソーのトレーニングになるという。

その靴で良いことが起こってるのかは本当にわからない。履いてないと今より弱々しく太ってるのかもしれないし、そうじゃないのかもしれない。

ただ、ここ数年明らかに違うことがある。それは

「肩こりと口内炎」

僕はこの二つはなかなかに酷いユーザーだった。しかし気づくと、ならなくなって久しい。

これはこの靴のおかげかもうひとつ、毎朝の半身浴のおかげか、絶対どちらかだと思っている。


考えてみたら、これらに悩まされない生活というのは、とても幸せなもののはず。しかし案の定、当たり前にしか感じていない。

時々辛かった時のことを思いだし、有り難みを感じ、そして健康をキープする癖をつけたい。


N響定期。

posted by take at 21:24| 活動報告