2016年04月20日

コンディション その2


コンディションについてですが、最近今までにない意識があります。それは、


「やっぱり、昨日の内容が今日に影響している」


ということ。どんなにベテランになっても。

長いスパンで見れば、どんどん上達してきたとか、理解が深まってきたとか、この時期は良かった、この頃は良くなかったなど、いろいろ振り返ることができる。しかしとても短いスパンとして、

「今日には昨日が影響する」

は、いつの時も、そしていつまで経ってもあるようです。


僕はN響にて、テナーとバスのベクセルン(持ち替え)を担当している。若い頃より随分違和感が少なくなったとはいえ、未だに前日バスを吹いた影響は翌日にはっきりとある。

連日バスを吹くならよりバスらしいサウンドになるし、同時にテナーは独特の吹き心地になる。テナーだけ吹いている時期とは違い、全てにおいて自由に、楽にとはいかなくなる。

つまり、スキル全体としては長い時間かけて上がっていってるのだろうが、どんなに上手くなれたとしても、前の日次第で今日が定まってくる。


前の日ハードに吹きすぎると、今日は疲れが残っている。

なんだか調子がいいと、期待しすぎてさほどではない自分に過小評価が始まる。

あまり調子良くないと、意外に吹ける自分に嬉しくなり上向きにやる気がでたりする。

適度に真面目な練習をすると、気持ちにもプレーにも成果として残っている。

それまでの過労を回復すべく休んだとしたら、身体も気持ちもほどよくポテンシャルに溢れている。

ただただサボって吹かなかっただけなら、一昨日より出来ないことが増えている。


ワーグナーをやってても思いました。とても長い作品なので、一日一幕だけの練習だったり、間に一日二日休みが入ったり。すると、やはり前の日にやったことはあっという間に積み重ねの成果を感じることができるが、数日ぶりに取り組むと様々なことに時間がかかる。同じメンバーで、同じ作曲家の曲をやっててもそう。

何回寝たかは大きいし、一回しか寝てないも大きい。

私たちは毎日、今日のコンディションこそが大事だ。しかし、明日の状態を優先したとして、今日やっていることがやっぱり影響するのだとしたら、その為に今何をするべきなんだろう?少なくとも、マイナスになることは残したくないし、逆に良い積み重ねのために、きちんとトレーニングすることは大切ですね。

昨日までのものより、今日こそが明日に残るなら、明日以降に大切なのも、やっぱり

「今でしょ!!」


N響定期練習。川越へ。

posted by take at 14:17| 活動報告