2016年04月10日

酔っぱ雷


「俺の酒が飲めんのか」

は、日本オリジナルではなく、世界のあちこちにある(あった)と聞いたことがある。

ニッポンでは、一気含め飲酒の強要が悪者になって久しい。もちろんその事を嘆いているわけではありません。気持ちにも身体にも副作用の多い行為ですし、酒席の楽しみ方としてはレベルの低い幼稚なやり方。実弾使わず、話弾で遊ぶのが大人ですから。

ただ思い起こしてみれば、過去蔓延していた愚行、面白い副作用もあった。そういうパターンも中にはあったということです。必ずそうだったというわけじゃないし、決して行為を肯定しようとしているのではありません。


先輩が後輩に飲ます。有無を言わさずですから、飲まねばならぬ。すると中には強いのもいて、あるヨッパレベルを超えた辺りから、テーブルバーン!!てな雰囲気で、

「先輩、聞いてくださいよ!!!」

と、強気の姿勢に豹変する。ウヒョウ!!

素面な昼間なら絶対出ない言葉

「先輩は間違ってると思います!!」

から

「音楽っていうのわあ!!」

「僕はこういう考えで頑張ってるのに、周りの奴らはですねぇ!!」

等々熱き主張が始まり、飲ませた方も、一瞬たじろいた後面白がってるうちはいいのたが、ちょいと面倒くさくなり、

「まあ、わかったわかった」

とおさめにかかっても、もうヨッパっプーなので口撃の手は弛まず、そもそも飲ませたのは自分なので受け止めないわけにもいかず……なんて光景。

翌日になると、また後輩は「昨晩の勢いいずこへ?」といわんばかりのおとなしさ。


そして、あの頃無くて今あるものも。

後輩や生徒、目上の人のお酒がなくなりかけると「次何飲みますか?」とメニューと共に気配り。サラダ他大皿がくると、サッと取り分け始め気配り。実はあの頃はなかった。酒は自分のペースで注文してたし、大皿は、まず先輩や先生が自分で取ってから、他の人へ回していた。

後輩たちは、気遣うも何も酔っぱらわせられていたので、そもそも気が回る状態ではなく、酒が回り天井が回っていた。


いずれにせよ、僕自身は周り構わず喋り倒し気味のくせに、そんなんでも若手や生徒がよく喋っている方が好きだ。みんなの酒席であり、みんなが楽しい方がかけ算が激しくなり、興奮からの昇りテンション、とにかく楽しくなっちゃうから。

そう書いときながら、我が話はちゃんと聞いてもらいたいという事故酎でありまして………


ジークフリート楽日。

posted by take at 15:39| 活動報告