2016年03月21日

美ロック音楽


バロック音楽を演奏する。ロマン派から近現代、超コンテンポラリーではなく、音楽の祖に近いシンプルな音楽を演奏する。

どのようにすればよいのか、何を目標にすればよいのかが、少しだけ見えた気がしました。


凝った和音、複雑なリズム、感情過多に歌い込み甲斐があるものと比べ、実は演奏するのが難しい音楽たちであることはわかっていました。

シンプル故に逃げ道が無い。音程の乱れは直ぐにばれる。そのことにより和声感からの説得力も簡単にいなくなる。

きちんと演奏しなければならないのは、ロマン派だろうがコンテンポラリーだろうが同じだが、でもそれでも思った以上に勢いでごまかる場面もある。

しかしバロックは、基礎トレーニング時に目指しているフォルムのように、きちんと正しく音を並べないと、とにかく形にならない。そうならなかった時のみっともなさったら、ロマン派以降の比じゃない。


ではきちんと整然と並べれば、説得力のあるいい演奏になるのかといえば、これまたさにあらずで、それは 「普通の音楽」 という印象に留まる。様々な感情に訴えるにはシンプル過ぎて、特に現代人には純粋過ぎるのだ。

しかし、この純粋さの中にこそ、最も深い歌があることが、今回の取り組みで見えた気がした。

やらなければならないことはふたつだと思った。

ひとつは、和声の推移を的確に捕まえ強弱を間違えず、正解かつ淡々と連ねる。

もうひとつは、響きの美しさを求めることに妥協しないということ。

バロックの演奏こそ文句なしに美しい、という目標を持ち続けることを諦めないことだと。


コンサートにお越しくださった皆さん、ありがとうございました。


ブロカート室内合奏団、演奏会

posted by take at 08:28| 活動報告