2016年03月16日

認めるべき人格


以前『レス・エイジレス』というタイトルで、この場に書いたことがある。

「加齢含め年齢は、人を計るのには関係ない。元気な人は若い時からずっと元気。世の中のイメージを越えていつまでも元気だったりするし、元気ない人は実は若い時からずっとない」

という意味のこと。世間で言う「〇〇歳になったら」という日本的一般論は実はほとんど意味がなく、体力的にも精神的にも個人差の方が真実を示しており、その差は、よく語られるイメージ以上であると言いたかった。


今日の思い。一生学び、一生成長というのを理解した上で、それでも未成年と成人で線をひくところからスタートしたい。そして成人限定での話。


韓国ほどではないにせよ、日本も年長者を敬うという価値観は純然とある。若者は、人生経験の長さには何をおいても一目おき、敬意を払い、教えを請う姿勢であるべきだ、敬語も使いましょう、みたいな。

ただ、身体と精神の話だけではなく、

『人として敬われるべき人物か軽蔑されるべき人物か』

も、実は年齢は全く関係ない。この人格の質に価値を求める方が、身体や精神より理解しやすいですね。

それでも一般社会においては、人格関係なく年長者にも上司にも敬語を使い、敬う姿勢を見せねばならず、若者に対し年長者があまりに下手でへつらう態度になると違和感にうつる。

まあ、「それくらいの表裏も使えんのか」という、社会人としての力量を問うていることだと思うし、それはそれで良いと思うのですが。僕みたいなちゃらんぽらんでも、このシステムのおかげで年々楽になっている部分はある。みんな話を聞いてくれるし、同意してくれることも増えた。


ただそのことで、若者を一緒くたに見てしまうべきではないと、最近強く感じ始めている。年長から若者を見た場合の話。

学生もそうだが、同い年、同級生というのは、一番厳しく人格を判断していたりする。それが、ひとつでも年が上になると鈍ってくるし、ひとつでも下になるとやはり鈍る。

しかし、若いときから人格が優れている人ははっきりと優れているし、怪しげな人は怪しげだ。それらを

「自分より若いから」

ということで敬わないのではなく、若かろうが何だろうが、称えられるべき人格は称え、年上からでも敬うべきだろうと。


「褒めると調子にのるから」

そうですかね?

それこそ、素晴らしい人格は心底謙虚であり、ある時期調子に乗ったとしても、きちんと身をわきまえて成長を続けると思います。

調子にのって駄目になるのは、もともと駄目な人格。逆に、そういう人も見極める力も必要だと思います。

沖縄県芸、レッスン。

posted by take at 20:09| 活動報告