2016年03月11日

昨日まで 今日 明日から


震災から丸五年が経った。

あの日に天に召された2万人の方々が確かに生きていたこと、これからも忘れないことを誓います。

僕は直接は知らなかった人たちですが、震災後友人になった方々を通じて、その命の存在ははっきりと感じることができる。尊い命が確かにあった。


合掌。


被災後、故郷の再生のため日々前向きに生きる人たちにとって、今日はただの通過点でしょう。これまでの五年があり、これからの未来がある。その間にある、特別でもなんでもない一日。

これまでのお付き合いの中で理解できた皆様の生きざま、これからの皆様の未来に多くの幸福が訪れ、これまでの悲しみと苦労が少しでも癒えることを願い、交流を続け、東北を訪ね、知ることを知り、感じることを止めずにいようと思う。


震災後、様々な困難の中、自ら命をたった人、思いを胸に故郷を離れた人、支援や交流に訪れた人、胸を痛めた人たち、諦めない人たち、様々な立場の人たち。

今日はただの一日ですが、改めて、これからも全ての方々と共に僕も生きていきたい。


ひとつ、感謝申し上げたいのは、被災地での皆様との出会いの中で、僕にとっての音楽の価値も立ち位置も大きく変わったこと。

僕と僕の音楽を受け入れてくださったこと。有難い気持ちがわいています。それもこれも、知れば知るほど魅力を感じる、三陸と、そこに生きるたくましき友人たちのおかげです。


「忘れもしないし、振り返りもしない」

ある被災者の言葉。


また、明日から。


Nーcrafts練習。

posted by take at 13:13| 活動報告