2016年03月04日

日本全国失言の旅


富山県高岡市での、Nーcraftsのコンサート。大ホールにはたくさんのお客様。

一曲目、ピッコロトランペット二本が華やかなシャルパンティエ『テ・デウム』。ハイトーンも決まり拍手喝采。マイクを握ったMC担当の僕。まずは挨拶から。

「高山の皆さん、こんにちはっ!」

元気よく決まった……が、左後ろにいる、飛騨高山出身のトランペット奏者、栃本さんが小声で

「よ、吉川、違う!」

僕は思わず

「え?何が??」

その声がマイクを通してホールに響き渡る。

MCが一番やってはいけないこと。それはコンサートのオープニング、富山県において、岐阜県の人々に挨拶をすることだ。



Nーcraftsが取り上げるジブリ作品。ラピュタもだが、『ハウルの動く城』の“人生のメリーゴーランド”は定番のレパートリー。それぞれの映画の、際立った特徴を紹介するのもMCの大事な役割だ。

「このハウルの動く城は、声優陣も話題になりました。キムタクに倍賞みつ………」

みんな(小声) 「ちえこ」

「えー、倍賞千恵子さん。そして、カルーセル麻紀さん」

みんな(中声)「みわあきひろっ!!(馬鹿っ!!)」

「…み、三輪明宏さん(汗)」

MCが一番やってはいけないこと。間違えそうでも間違えなさそうでも、人の名前は正確に。



ジパングの陸前高田公演。今度はラピュタ。

「皆さん、『天空の城ラピュタ』をご覧になったことある方……あ、たくさんいらっしゃいますねぇ。私も個人的に一番好きで、テレビで再放送する度に見ちゃうんですよね。少年と少女が主人公で。空からパズーが落ちてくるんですよね……」


MCが一番やってはいけないこと。映画の内容を変えること。落ちてくるのはシータである。バルスっ!!!



N響練習。金管アンサンブル練習。

posted by take at 10:11| 活動報告