2016年03月01日

言い方、言われ方


まとまらない環境の話を聞いた。

本当はみんなで力を出し、ディスカッションし、ぶつかり、理解し、そして一丸となって成功に向かってクリエイトしていかなければならない内容のコミュニティなのに、全くうまくいってないと。

各々が好き放題発言し崩壊しつつあるのかと思えば現状はそうではなく、みんな黙ってうつむいて暗〜くなっていると。更に人がどんどん離れていくらしい。

もしかしたら、かつては発言のぶつかり合いもあったのかもしれない。その結果、黙ってうつむく今になっているのかもしれないが、いずれにせよ現実的かつ前向きに運営する力は、限りなく失っているよう。


発言が出ないというのは、結構まずいですね。わかり合うために必要な、自然と沸き上がる意見の投げ掛け。それを抑えてるだけでなく、“もう言っても無駄”“言う気になれない”となると、同じ空間にいる意味すらなくなってくる。

是非、そのコミュニティが一歩踏み出し、うまくいく方向へダイナミックに変わることを願います。



いろんな環境、いろんな関係あれど、理想は

“何でも言い合える仲”

ですね。

ただ信頼関係ができてる友人や家族なら、まさしく“何でも”受け入れられるかもしれないが、そうでないなら、発言内容は距離感に合わせてセレクトしなければならない。

『親しき仲にも礼儀あり』

という言葉もある。ということは、どんなに仲良くても“何でも”というよりは、セレクトすべきなのかとも考えさせられる。

実際、親しいから何でも言えるというのはあるし、親しいから相手を困らせないよう言わないこともある、というのもある。


ひとつ理解したいのは、男女年齢関係なく、指図されたり、自分のやっていることをとがめられたり、否定されたりすることが、“嬉しい”人なんていないということ。自分が駄目で反省するにしても、気は悪い。

誰しももれなく嫌なはず。

じゃあ、嫌だろうから思ったことを言わない、褒めることはあっても、否定したり指導したり、たしなめたりそもそも意見したりしないというのは、建設的関係かどうかは怪しい。

でも世の中のトラブルはほぼこれ。全ての人が太鼓持ちみたいであり、ポジティバーで何があってもいいようにしか捉えず、故に相手のことを讃えこそすれ、一切否定しないのなら、世界から争いは消え、本物の平和が訪れるであろう。


ただ、人類は全ての人が、未熟から成熟へと時間を生きるわけで、その途中には常に教育があり、失敗からの反省があっての成長で、雨降って地固まったりすることだらけだ。つまり自分の時間にとっての“トラブル”からの、再生成長は不可欠となる。


ドイツ人はこちらのドイツ語の間違いを、こわ〜いと感じるドイツ語で直してくる。理由は、それこそが親切だから。

日本人は、ある意味相手を思いやって言えなかったりする。

【言うことが正しいのか、言わないことが正しいのか】

これは実は、私たちの大きな命題だったりする。


話を戻すと、でもやっぱり理想は、思ったことを“何でも”言い合える仲である。

ならば、私たちに必要不可欠なのは

『言い方、そして言われ方』

なのではないでしょうか。

正しいことを言うのではなく、受け入れてもらえる、拒絶されない言い方をすることこそ大事。言う内容や言うこと自体の正否ではなく。

言われないようにすることが大事なのではなく、言われた時に、相手が、言ったことを後悔しないような表情や返しができることこそが大事。

人間はどうやっても言う。そして言われる。それが大事だと本能が知っている、だったら。

少なくとも、僕の周りの良好な人間関係は、全てコレですね。


川越へ。

posted by take at 19:33| 活動報告