2016年03月31日

昇るクァルテットの世界


一昨日のコンクール、素晴らしくエキサイティングな一日でした。全体のレベルがかなり高かったのです。審査員も皆口々に 「うまいなあ……」と。

ほとんどの団体が、凄く準備をしたことが伝わりました。スタイルやフォルムが統一され、貫かれている団体が多かったのです。このコンクールにかける意気込みと、アンサンブルをやることへの高い理想が内在していることは容易にわかりました。審査員は全員、自らがクァルテットを恒常的な続けている人たちでしたから。


難易度の高い自由曲に取り組む団体も増えていました。スピーディーな細かい音、高い音域、跳躍が鮮やかに吹けることはもう基本仕様の時代。

「かつてと楽器が違うのか?」

と思わされるほど、皆さん見事な吹きっぷりでした。

そして時代は、更なる高みへ行く今この時なのだなと、感じさせられました。


トロンボーン奏者の常として、ハーモニーを重要視すること、そして同一楽器であるが故の「乱れる印象回避」として、タテの線を合わせることに大いにこだわるのはわかります。まだまだ精度の極みを目指して欲しい団体もありましたが、かなりの確率でそれが高い次元でなされていた。


例えばこう考えてみたい。

木管五重奏や弦楽四重奏のコンクールだった場合、彼らの準備は、ハーモニーやタテの線、スタイルの統一に特化するだろうか?

木管なら、受け継ぎや旋律と伴奏のバランス、技術の聞かせ所、そして皆楽器が違う故に各々が強く持っていそうな音楽観をぶつけ合い、全体のテイスト、流れをまとめて説得力を目指していく。

弦楽四重奏なら、もうこれは想像でしかないが、和声なんかは合わせるなんて次元ではなく、「どう響かせるか」であろうし、それは作品のスタイルに対する普遍的かつ深淵な音楽性ありきの音によるディスカッションの上、自動的に生まれてくるものなのだろう。タテなんかも 「せーの」 で合わせるものではなく、どのように音が生まれ、どのように伸び、どのように消えるのかの共有だと想像します。


私たちトロンボーンクァルテットの世界も、いかなる演奏が調和や刺激、驚異とは別に

「純粋な音楽として感動するのか」

という部分に立ち入っていく時代に入ったのかなと。

管楽器であり、しかも金管なので、まず音ありきであり、調和ありきであり、印象ありきなのはこれからも変わらないでしょう。しかし、より積極的な普遍的音楽性の追及こそが、今後の勝負になるのだと思います。

最後に私たちが向き合うのは 『息、そのキャラクター』なのだろうと、強く感じました。

そこにこそ、驚きや快感を超える

『感動』

というものがある。この、最も困難な目標を目指す時代に。



ジークフリート練習。

posted by take at 21:35| 活動報告

2016年03月30日

白馬の王子様


かつて、いつもニコニコしているポエマーな女子生徒がいた。彼女がまだ入学間もない頃の話。場所はやき亭だったと記憶している。

「せんせぇ、いつか私を白馬に乗った王子様が迎えに来てくれるんですぅ、ふふっ(*^-^*)」

彼女の周りには花が咲いており、ちょうちょも飛んでいた。素直な彼女を素直に受け入れてあげればよいのだが、素直じゃないせんせぇは素直に応えてみた。

「あのね……それは、どこに迎えに来てくれるのかな?」

「みなみふるやです。エヘッ(*´∀`)♪」

「………あのね、君の希望をくじくつもりはないんだけどね、まず難しいから、周りの男子あたりを意識した方が賢明だと思うよ」

しかし、彼女は悲しそうな顔にはならず。ニコニコ(*^.^*)

「僕はもう10年以上南古谷に通ってるんだけどね、白馬どころか、まず馬自体を見たことが一度もないんだよ。田んぼもあぜ道も豊富だけどいないと思うんだよなー、馬。まずいないな」

ニコニコ(*^-^*)

「まだ豚の方がいる可能性がある雰囲気だけど、でもいないな。豚もいないし馬もいない。だから、白馬はもっといないな」

ニコニコ(*´∀`)♪

「でね、日本は天皇制で王制じゃないのよ。だから王子様がね、そもそもいないんだよなあ」

「いますよぉ、きっといます(^-^)」

「いや、百万歩譲って、白馬に乗ったオジサマは日本にもいると思うよ。でも王子様はいないし、なんこやには絶対いないんだなあ、これが。だから同級生にしといたら……」

ここまで言った時、少しだけ寂しそうな顔になったが、でも直ぐに復活。

「いぇ!せんせぇ、大丈夫です。いつか必ず私を迎えに来てくれるんですよ(*^-^*)」



彼女は数年後卒業し就職、立派な社会人に。その仕事のできっぷりは大したもんらしく、周りからの信頼も厚い。

最近はこの話題で話さないので、彼女の現在の夢はわからないが、きっと白髪のお爺様や悪魔のお兄様相手に、幸福のお裾分けよろしく笑顔を振りまいて、周りをハッピーにしていることと思う。


それにしても、なんとも野暮なせんせぇである。



ジークフリート練習。

posted by take at 17:23| 活動報告

2016年03月29日

コンクールは晴天なり


今日は、二年に一回のクァルテットコンクール。もう六回目になる。


ジパングの初期10年は、自分たちの演奏を楽しみ披露しながら、もっともっとトロンボーンクァルテットがメジャーになることを願い、言葉でも希望を発信していました。

本当にいいものだから、音大を卒業しても携わり、述べ多くのコンサートがなされ、生のクァルテットを聞く人が増えていけば、私たちのやっていることも、社会からの真の欲求の対象になっていく。それも夢物語じゃない。

まだまだこれからですが、その目的はかなりなスピードで達成の方向へ向かっている。

ある時期から、プロアマ問わず、日本全国でクァルテットを楽しむ仲間がどんどん増えていきました。このコンクールの入賞団体も積極的に活動の場を耕し、コンサート、ツアーを企画し、CDを作り。もちろんコンクールに携わってない団体の活躍も含め、若い世代の積極性、人間力は目を見張るばかり。

コンクールのレベルも、会を重ねる毎に目に見えて上がってきました。


今日も、本当に楽しみです。審査には、若い人も含め、新しく携わる人たちにもお願いしました。

彼らと共に、そしてトロンボーン全体で、このサウンドの更なる開放と社会へのはびこりを目指し、進んでいきたい。


出演団体の皆さん、準備は充分でしょう。晴天の下、のびのびとハモらせてください!!!期待しています。


第六回 トロンボーンクァルテットコンクール イン ジパング。

posted by take at 07:57| 活動報告

2016年03月28日

相手の立場


父親の言葉で、忘れられないものがいくつかある。そのひとつ。


「話ゆんは、両方から聞かねかんのぞ。かたっぽから聞いただけでは、正しいことはわからんのや」


両方から聞いたってわからない場合も多いくらい。個人の思いが入り、捉え方が違ったり、場合によっては湾曲してたりするから。


ただこれは、

「相手の立場に立ちなさい」

と言っているようにも聞こえてきます。

A,B二人から話を聞いたとして、Aさんの話を聞きBさんに対する思いを感じる。逆も。

食い違ったとして、必要なことは真実を知ることもだが、それよりもお互いがどれだけ相手の立場に立てているか、その強さのみがハウリングを少なくする唯一の力だと思います。


とにかく、日常的に相手の気持ちを考える癖をつけるしかない。

楽聖たちにも、口酸っぱく伝えなければならない。

演奏家に最も必要な力はコミュニケーション力だから。

演奏の真の姿とは、ただコミュニケーションであるだけなのだということを、骨の髄まで理解してもらわなければならない。

たとえ音が見つけられても、相手の立場なき感情や人生を込められたものだと、空虚な時間のみが流れるのははっきりしている。


ジークフリート練習。

posted by take at 19:25| 活動報告

2016年03月27日

オーボエ話


ファゴットの価格がとても高いという話をとあるオーボエ奏者と話していたら

「でも、一本あれば一生吹くこともできますよね」

という発言がでた。

聞くと、オーボエはなんと10年くらいしか持たないとのこと。もちろん個人差はあるらしいのですが、フランソワ・ルルーのようにガンガン吹き込む人だと、管がへたって音が広がっていくのも速いと。そんな人は、二年くらいで楽器を買い変えたり。で、100万円はするらしいので、そう考えたら結構かかってしまいますね。

ということは、結構なスピードで吹き心地や音が変わっていくということ。一番いい感じに吹ける時間も、短いのかもしれない。

「あくまで個人差ありですよ。でもその変化を楽しむ人がいれば、我慢できず本当に短いスパンで買い替えていく人もいます。何本かもって、吹き分けてトータル長く使う人も」

まあ、金管も同じで永年愛用者と短期新調者と両方いますね。

僕は、気持ちは長く使いたいのだが、結果かなり短いスパンで変えたりしている。選定に行ったら気に入ったのに出会ったりして。


オーボエに関しては、10年ほど前、ルネサンス的に格段に音程が良くなった時期があるらしく、それ以前と以降でまるでクオリティが違うのだそう。

全ての管楽器が、吹きやすく改良され続けている印象ですが、格段に良くなるというのは、技術者の貢献度は凄く高いと思います。

音楽を愛する、世界中の凄い数のオーボエ奏者を、その演奏から幸せを感じる多すぎる聴衆を、それこそ格段に幸せにしたのですから。

その技術者の功績は、素晴らしく素晴らしい。誰かは知りませんが、

偉いっ、よーやった!!

てな感じですね。


ジークフリート練習。

posted by take at 18:08| 活動報告