2016年02月24日

男女恋愛法


夕べ飲みながら、

「かつて付き合っていた彼氏がなにかと天然で、いくつかの言動で冷めて、結局別れてしまった」

なんて話を聞いた。

誕生日、食事中にサプライズで店員がケーキを持ってくるというよくあるパターンの際の、彼の言動が恥ずかしすぎたと。詳しくは書かないが、聞く限りでは、確かにカッコつけすぎからの赤面レベルで

やっちゃったな

てな感じ。後にこうやって語られてもしまうわけで、若気の至りも適度な客観視能力をもなたいと、遠隔ダメージを受けることになる。

ただ同時に、僕が若い頃なんざぁなんて話にもなった。あの頃少なくとも僕はノウハウやパターン、知識やテクニックで女性に向かっていっていたわけではない。思うがままに突き進んでいたし、女性にも少なからずそういう印象をもっていた。

今は、あーするべきこーした方が良いみたいな空気は強い。女性はこういうのを喜ぶ。シチュエーション、言葉、プレゼント、記念日、こういうのは嫌われるのABCみたいな。

そればかり考え過ぎて、自然な欲求のまま突き進むことが難しくなっている気運すら感じる。


で、どうせノウハウだよりでいきたいなら、いっそ大学の講義として開講してみたらどうかという話で盛り上がった。うん、くだらない。


『男女恋愛法』という講義。


月曜日の一限にもかかわらず、誰も遅刻せず、大講義室は満杯である。休む者もおらず、皆四年間履修し二単位しかもらえないのに、熱心極まりない。

問題は誰が講師をつとめるかという話題に。名誉教授として、とあるプレイヤーの名前が挙がった。恋愛経験豊富なだけでなく、日常的にその手の話が大好きな方だそう。というか、その話しかないそうで。僕はプレイヤーとしての顔しか知らなかったので、「そーなんだー」だったが、皆は満場一致だったので、問題なく依頼が決まる。

准教授は「吉川さんがやればいい」という話になったが、あまりに荷が重く辞退させていただいた。

そもそも、僕だと

「気持ちと情熱の問題だ!」

しか言わないので、きっと授業として成立しない。学生も

「先生の言う通りにして、凄いフラれ方したんですけど」

と逆恨みされそう。

やはり音大も女子が多いので、女性の先生がいいだろうとなり、とある名前が挙がったが、その方はまあクリーンなイメージはないので、大学も雇いにくいだろうと。結果、一流プレイヤーであり、仕事と家庭、子育てまで素晴らしくやりきっており、かつ人望もあつい方への依頼が決まった。


話は、試験とかの内容にまで至ったが、それをここに書くのは控えたいと思う。

いずれにせよ、大学で学ぶ知識が活きるかどうかは、常に本人次第である。

間違ってないよね??


川越へ。ブラスアンサンブル練習。

posted by take at 19:08| 活動報告