2016年02月19日

Wieder シュムー


ブルックナーの八番を聞いた後、やはり赤坂だが、今日は焼き鳥屋に行ってみた。シュムーは、

「スシオイシネー」

の人だが、あの身体だから当然肉も好きなはずで。食べ飲み始めてから、

“おぬし、ヤキトリも慣れておるな”

てな所作がいくつも見られた。前半は遠慮気味だったが、後半こちらが話し込んでいる隙を見計らうように、ノンストップで串焼きを食べ続けていた。だよね、あの身体だから。

結局八番は吹かなかったのだが、今回のシュターツカペレのツアーは、来日してからも風邪等具合の悪い人も多いらしく、降り番でも待機してなくてはならないようで。昨日までのツァラトゥストラのN響定期、聞いてもらいたくてチケットも確保したが、結局そういう理由で叶わなかった。彼に習ったツァラトゥストラのオケスタ(忘れられない、彼の見事なDの跳躍!!!)、50になってようよう吹けるようになったこと、以前N響を聞いてもらったのが多分10年近く前になるので、現在のオーケストラも体験してほしいという気持ちもあり。更にシュムーも

「オゥ、ツァラトゥストラネ!ズーパー!!」

と興味を示してくれたのだが、残念ながらまた次回と相成った。

バレンボイムさんは、N響の練習聞きにくるは、本番も聞きにくるは、舞台裏うろうろしまくってるは。あの人、毎日サントリーホールに住んでるんやなかろか。


相変わらず、爆笑爆笑のヤキトリツァイト。今日は日本酒もいくというので、初めてシュムーとツーショットで熱燗を飲んでみた。

真面目な質問もしてみたが、基本お互いオチの方向へ進む。来月2日が誕生日なので今は同い年。だからか、なんだか波長とペースが合う。

羨ましかったのは、トロンボーンアンサンブルに関して。他の大学の専攻生も一緒に、12月に必ず『クリスマス・コンサート』をやる。ガブリエリ、パッヘルベル、メンデルスゾーンなんかを教会で。シュムーも一緒に吹くと。

絶対綺麗だね。響き豊か過ぎるミュンヘンの教会で、美しいコアーをシュムーと一緒に。えーなー。


東京の後は広島に行くよう。どうしても広島平和記念資料館に行きたいという。彼の平和を願うヒューマニズムは、僕もベルリン時代から少なからず知っている。原爆にも震災にも、強い思いがあるようだ。家人が、

「震災の後、それまで親日だった多くのドイツ人が日本人に疑問をもちましたね?」

と訊ねたら、開口一番が日本語。

「ゴメンナサイ…」

当然親日家である彼としては、ドイツ人を代表して謝っているよう。まずは私たちに気を遣ってくれる細やかさだ。そして難しいドイツ語での説明が。

「ただ、ドイツは火力発電に切り替えたんだ」

知ってます。毅然と方向転換したドイツ、できなかった日本。

しかし国がどこへ進むことになっても、僕は民族の信頼関係はこれからも失いたくない。シュムーはドイツ人で僕は日本人。お互い世界に願う希望は同じだと思うから。


タケがオキナワに行ってるなら、いつかみんなでオキナワで集合だ、という話でヤキトリフィナーレを迎えた。シュムーは双眼鏡を覗く仕草をしながら、

「ビキニネ、ビキニネ」

を連発。やはり連発した日本酒のせいで少々壊れたか、

「ボクモビキニネ」

と言うので、やめてくれとお願いした。だって、あの身体なのだから。


彼と出会えて本当によかった。最高の師であり、最良の友である。

これまでも。これからも。


川越へ。

posted by take at 11:25| 活動報告