2016年02月15日

見た目は同じだったかも


昨日演奏会が終わってから気がついたのですが、今回の三曲、レオノーレ、ドンファン、そしてエロイカ、どれも上から下へ、大きく振り下ろし曲を始めるものでした。よくもまあ、そんな三曲が。

しかし終わるまで気づかないとは……


レオノーレはとても遅いテンポのフォルテ、しかもユニゾン。音程も気になりますが、まずは弦管、そしてティンパニまでが揃って出られるか。ブレスとニュアンスもですが、タイミングがとても難しいスタートでした。

同じくエロイカもフォルテですが、こちらはアレグロの三拍子、一小節ひとつを示す。ただ今考えると、レオノーレの分割八分を示すスピードと、エロイカの一小節分がほぼ同じスピード。ということは、見た目的には同じような振り方をしたのかもしれない。でもこちらはアレグロ。気分的にはまるで違う。そして二小節目のタイミングから、三小節目のアンサンブルまで、難易度が高かった。

ドンファンは、とにかく力強く降り下ろし、とても短い休符の後、細かいたくさんの音をフォルテで弾いてもらい、後から入る人含めなんとかテュッティで集合してもらわなければならない、最高難易度のスタート。これまた考えてみたら、ベートーベンと同じようなテンポ。振り下ろした後はともかく、見た目だけだと予備運動から下までは、どれも同じようなことをした気がする。


でも半年間、やってた自分は気づいてなかった。というのは、出てくる音楽は、みなフォルテではあったが、その世界観はまるで違ったから。

振り始める前、腹をくくった時、振り上げた時、そして下ろした瞬間まで、僕の中ではまるで違う世界が渦巻いていた。

でもきっと、凄く同じような動きをしたのでしょう。

記憶が曖昧だが、カラヤンがドンファンのつもりで振り下ろしたら田園だったことがあると、聞いた気がする。

でも昨日なら、どれが始まっても大丈夫だった。チョー勘違いで一瞬面食らっても、しれっと先へと進められた。


指揮という音の無い動きと、音楽という世界観。面白いものだと思いました。


N響定期練習

posted by take at 17:29| 活動報告