2016年02月09日

ヒロイック


いよいよ今週末の日曜日、ブロカートの本番なんですが……


曲が決まった時

「名曲になったなー、重めやなー」

くらいにしか感じてなかった。ある意味で、新鮮味はないかなと感じた。もしかしたらありきたりで、お客さんの興味はひきにくいかもなんて。

練習を重ねてきた今は、まるで違う印象です。


「こ、こりゃ大変だ……」


まず、どの部分を見つめてみても、薄さを感じる部分が一切ない。薄さというのは、たとえば作品によっては 「ここはまあ、繋ぎの役割で書いたのかな」 とか 「ここは、あまり霊感が降りてこなかったのかな」 とか、そう感じる曲はありますね。いいところの引き立て役になっている部分のある曲。


ま、全く無い。ずっと濃ゆくて、ずっと厚重(あつおも)。


レオノーレ第三番。最初から最後の一音まで、序曲のくせに交響曲並みに内容豊か。無駄な音無し。意味合いありまくりなので、序曲なのに一回通すとへとへとになる。軽やかな部分あれど、音楽感的軽さは感じられず、重く始まり、たくましく展開し、強く終わる。


ドンファン。 N響では、アルペンや英雄の生涯などシンフォニーサイズもよくやるので、比べて 「少しは小ぶりで楽かな?」 なんて思ったりもしていたが、全体とガッツリ向き合うと

とんでもない!!!!!

なんて力強い音楽。その内容の濃さと情報量の多さ。凄いスコア。それぞれの有機的繋がりの隙の無さゆえの緊張感の持続と、希望、官能、葛藤、爆発、死といった描かれる人間の内面に対する表出のハードルの高さ。レオノーレの10分でへとへとだが、ドンファンの20分で既に灰になる勢い。


エロイカ。とにかく、「一番好き」なんて人が一人や二人や、百人や二千人じゃすまないキングオブ名曲。今回携わるようになって一番聞いたのは

「エロイカ、一番好きなんです」

「エロイカやるんだ。いいなあ」

「いいよね、エロイカ。聞きにいきたい」

使いふるされた名曲だと思っていたら大間違い。考えも印象も甘かった。惰性の反対、極めて期待感をもたれるコメントをたくさんいただいた。

で、やってみたら更に甘い考えで人生を送ってきたことがわかった。これこそまさに、いろんな意味でグランドシンフォニー。内在する力は半端なく、逞しくあり、ヒロイック。右手拳は挙げたままであり、人間の精神描写は心にズシッとくる重さとして、その魅力が持続。それが全ての音にギュッと詰まったまま50分、力を抜いたり道の駅に寄る場面無く、これまたやりきらなければ許してもらえそうにない。


そっか、この手抜き感一切無い感じが、この三曲をやるということなのか。


オーケストラのメンバーは、凄い勢いで力の真実へと向かっています。弱音は無い。作品の雄々しさに対抗すべく、自らのヒロイックな取り組みを、真剣まくりでやり続けています。なんだか偉い。


僕もくくる腹はくくりました。こうなったら灰になろうが、撃ち破られようが、最期まで指揮台に立っていたいと思います。


あるN響の方が

「凄い選曲だね。それじゃN響のプロじゃん。アマチュアでは意外とできなかったりするよ」


そ、そうだったんですね……


ブロカートフィルハーモニー管弦楽団第36回定期演奏会

2016年2月14日(日) 午後2時開演
かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール

指揮 吉川 武典

ベートーヴェン 「レオノーレ」序曲第3番
リヒャルト・シュトラウス 交響詩「ドン・ファン」
ベートーヴェン 交響曲第3番 変ホ長調「英雄」


大塚へ。試験を聞く。

posted by take at 19:37| 活動報告