2016年01月31日

日記の話


先日飲み会の席で、とあるミュージシャンが“黒日記”と“ピンク日記”をつけているという話を聞いた。

黒日記の方は、宴席にいた全員が瞬間理解。しかしピンク日記の方は、男女で明桃を分けた。男は全員エッチな日記だと思った。女性は大半が明るく楽しいことを書いていると。

正解は女性の感覚。ま、書いているのは女性だそうで、男なんてそんなもんじゃろと見事に露呈した瞬間でした。

しかも、黒日記は一年書いたら神社へ持っていき焼いてもらうそう。それ自体は偉いなあと思います。

黒日記書いてるなんて聞くと一瞬怖くなるが、溜め込んでおかしくなるのはなんだし、大抵の人は友達に話して聞いてもらったりして消化したりしているのだろうが、それも人それぞれだろう。“黒いこと”は、沸き上がる人は沸き上がるのだから仕方がない話のひとつ。表明しがちな人は、周りからの非難も浴びがちだが、自分でもリスキーだとわかっている人も多い。日記に書いてしかも燃やすって、ある意味自分をコントロールできているように感じます。

ただ書いてるうちにエスカレートして、よりブラッキーになったりしないかと、不安も感じますが。


「僕は普段、あんまり黒いこと考えないので、書くなら青日記ですね」

「僕も、ちょっとヨメに聞いてもらうくらいなので緑日記かなあ」

男連中のコメントはいたって面白くない。女性陣もノーコメントノースマイルで聞き流す。


僕は、過去一度だけ10年日記をつけていたことがあります。1994年からのもの。ベルリン時代も書ききったのに、結局4年半で挫折しました。

1日5行ほどのスペースで、毎日どこへ行った何があったと。何週間かためてしまいまとめ書きしたりもしていた。

『記録は後々必ず役にたちます』

と書かれた紙が日記を入れる箱に入ってました。自分で読み返して役にたったことも数回はあったし、留学時代の記録は、毎日撮った写真と共にとても貴重なものだが、でもやめてしまった。

他人に見せるものではないから、それこそ黒だろうが桃だろうが、書き放題書けば良かったのだが、悩んでいた時代でもあり、結局葛藤と日常の行動の記録みたいになっている。二十代後半だったし。


年月が経ち、日記は公開のブログへと変身し、もうじき10年日記の記録、四年半にたどりつきそう。

こちらは人が読むものなので、これでもそれなりの節度が………え?あんのかって?

いやあ、僕にだって奥行きくらいありますよ。皆さんのしらない懐の深さや謎めいた部分がですねえ……………………………………

あるんやろか?


N響、オーチャード定期。ブロカート。

posted by take at 16:07| 活動報告