2016年01月26日

【さらう】を捨てる


練習する(合奏や合わせではなく一人で)という行為。私たち日本人は

「さらう(sarau)」

と表現しますね。

言葉からくるイメージは、さらっとしていて、まあさっぱりなもんです。あまりウェットでもオィリーでもなく、アクティブでもない。しかしその行為のビジュアルとしては、フンフン鼻息荒く(僕だけ?)真剣な目付きで一生懸命取り組んでいる姿が浮かび上がる。全然さらっとしとらん。

具体的には、譜面台に楽譜を置き、トロンボーンと“こんちくしょう”と格闘しているイメージ。


しかし私たちは、理想やイメージ、歌なくしてトロンボーンを吹く練習をしても、ミトコンドリアよりのろい歩みになることは確かなので、今一度吹くのを止めて、それらを探し確固となるものにするよう、瞑想テイストに入らなければならない。僕の場合は妄想テイスト。この時の静的ビジュアルの方が、さらうというワードテイストにマッチする気がしますね。


しかし、結果的にこの

『マイオリジナル・パーフェクトソング・デベロップタイム』

を計上せずに、ただただ楽譜を見つめながら音をだし続けている時間に終始し、それを練習、さらうと表現しているパターンこそ多く見られる。


この際、本番までの全ての準備のことを『練習』、『さらう』と表現するのを止めてみてはどうだろうか。これらの言葉を捨ててしまう。

その代わり、『探す』とか『研究する』とか、『仕上げる』とかにする。

「さあ、今から探そう」

「ねぇ、ちゃんと研究してる?」

「ごめん、飲み会遅刻するわ。仕上げ始めたら興がのっちゃって」

なんて感じ。

楽譜と向き合うのは大事だが、それを見つめながら、自分の中の『自分だけの歌』と対峙し、なんと!自分自身が納得し、そして初めて楽器で音を出すことは物凄く必要なこと。

それが無い練習をし、さらい、未来の幸せを目指すのはあまり得策ではありませんね。


青島「価値ある自分の演奏は楽譜や楽器の中にあるんじゃない、自分自身の中にあるんだ」

和久さん「青島あ、ドリフも探しすぎて腰が痛くてなあ…なんてな」


高松一高レッスン。

posted by take at 16:00| 活動報告