2016年01月14日

カモン!


今日はやはりクレイジーキャッツの名唱、青島幸男前都知事の歌詞、

『だまって俺についてこい』

について考えてみよう。皆さん、だまって俺についてきてください。

なにが凄いってあーた、この歌詞に初めて遭遇した瞬間、

「そ、それでいいのかっ!」

と膝うちしたくらい、人生観の中には逆の気持ちがあったのです。あまりに驚き過ぎて楽しくなってしまった。あ、「それでいいのかっ?」ではありません。納得したのです。


『ぜにのないやつぁ
俺んとこへこい
俺もないけど 心配すんな
みろよ 青い空 白い雲
そのうちなんとかなるだろう

彼女のないやつぁ
俺んとこへこい
俺もないけど 心配すんな
みろよ 波の果て 水平線
そのうちなんとかなるだろう

仕事のないやつぁ
俺んとこへこい
俺もないけど 心配すんな
みろよ 燃えている あかね雲
そのうちなんとかなるだろう

(セリフ)わかっとるね わかっとる わかっとる
わかったら だまって俺について来い』


ぜにのないやつは、俺んとこへきてもだめです。なぜなら俺も無いからであり、こんなとこへ来ても何も解決にならず、心配事はなくならない。てか、自分が心配なくらいなんだから。青い空と白い雲を見て現実逃避してちゃダメよ。だってきちんと計画的に考えて努力しないと、そのうちどうにかなるなんて問題ではなくですなあ………

てな感じであの頃生きていたわけで。あー、つまらん人生ですわ。

とにかく四の五の悩まず、だまって俺についてくりゃいいのよ。刑務所に入ってるわけじゃないし、死んでるわけでもない。この俺は、ぜにも彼女も仕事もないけどちゃんと生きてるからすげーだろ。てか、俺は理屈抜きに凄いんだから、とにかくついてくりゃいいのよ。君の悩みは、基本俺について来れば、ちーちゃいことであり、いつかどーにかなることだってわかるから。まずは、悩むのやめて空を見上げてごらん。


でもねおじさん、子供の頃におとーさんおかーさんに言われたんです。

「知らないおじさん、わけのわからないおじさんについて行っちゃ駄目」

って。

ですよねー。


N響定期練習。川越へ。

posted by take at 09:43| 活動報告