2016年01月11日

自己肯定型酒論


酒は飲む量を考えなくてはならない。なぜなら、飲み過ぎると二日酔いになるからであり、

「いい加減酒の飲み方を覚えなさい」

と怒られたりもするわけで、

「酒は飲んでも飲まれるな」

という空海の言葉にもあるように、たしなむように付き合うべきである。(あ、空海のとこは嘘です。今日“ひらがなを造ったのは空海という説もあるがうんぬん”というのを見て、讃岐人だけではなく、日本全体で「偉業はなんでも空海にしとく」というのがあるんやな、と思ったので)、

ただやっぱり

「量より質やろ」

と思うのは、忘年会のある日のように、チェーン店のノミホーの焼酎を飲み過ぎて、予定どおり二日酔いになったりするからで、「やっぱりプラス払っても、知ってる酒飲めばよかった」となり。

で何度か、ものすごい量飲んだのに全くへっちゃら翌朝スッキリ、なんて過去の栄光もあり。それは必ずいい酒であり

「やっぱり量より質だよなー」

となる。

問題は“量より質なんだからいい酒ならいくら飲んでもいいんだ、だから俺はたくさん飲んでいいんだ”と思いたがってる自分の質そのものにある。

こやつは、先輩の言葉も空海の言葉もスルーしようとしているわけで、【量より質】自体は間違いなく間違いないのだが、気持ちでそちらにもっていこうという姿勢、「量より質とはいえ、やっぱり量飲んだらアカンやろ」を追いやろうとしている生きざまは、間違いなく間違っているのである。

でもやっぱり、いい酒なら結構飲んでも翌日残らないと思うんですが、ねぇみなさん。空海もきっとそう言いますわな。


ブロカート、金管分奏。レッスン。

posted by take at 21:31| 活動報告