2016年01月03日

宴会えんかい?大宴会

IMG_5673.jpg


うちでは年数回、大宴会があります。

何をもってして、宴会ではなく大宴会なのか。人数なのか時間なのか。それはバッカスやガンブリヌスに判断してもらうとして、うちでは最低10人からであり、開始時間が5時以降というのはまずあり得ない。


テーマも大抵決まっている。なぜならその方が、決めた日から参加者全員のテンションと期待値が、もれなくクレッシェンドして当日を迎えることができるから。更に参加者もその腹づもり、胃づもり、喉づもりでやってきて、身体と飲食のミスマッチが限りなくあり得なく、人によっては数週間前から山に籠り、空惰も精胃心もデトックスして臨むものまでいる。


かめ出し紹興酒の会は異様に盛り上がる。数週間前からかめで取り寄せ、当日糸ノコで開ける。開ける職人もきまっている。糸ノコ持参で来てくれるのだが、毎度「途中で警察に職質されたらどうしよう」とビクビクしながら来てくれる。確かに大工でもない人が糸ノコ常備していると、不審者認定おめでとうだ。そして開けたかめから各々かひしゃくで好きなだけよそい、4000年の歴史に思いを馳せながら楽しむ。気がつくと、八時間九時間あっちゅう間。


かつて旅行先から買ってきた新潟からは外へ出ないという特別な〆張鶴を中心に、日本酒の会もやったことがある。本当に日本酒が好きな人とだけ、あの聖なる水を楽しむのも至福の時間だった。もちろんバツグンの魚を用意して。


他にも、富士山溶岩プレートで焼く焼き物の会や、餃子パーティー、でかい鯛の塩釜焼き中心の会や、フグをメインにしたりと様々。

料理は全て家人が作り、これがお酒のテーマに合わせたもので好評好評、みんな楽しみに来てくれる。


今日は毎年恒例の

『2015年度井筒生にごりワインの会』

絶品のフレッシュワインが18本も参加者を待ち受けている。ちなみな参加者12人。


それでは、そろそろ乾杯なので浮かれマックス、ブログどころじゃなくなりました。皆さん、また明日。バイナラ。



2015年度井筒生にごりワインの会

posted by take at 13:54| 活動報告