2016年01月21日

馴染む沖縄


沖縄には今年度七回目。毎回三日間。三月に最期の八回目があるが、考えてみると一年のうち合計24日間いることになる。それなりにいますね。

学生たちとは、来る度に少しずつ自然体で付き合えるようになっている実感はありましたが、今回は今までにないくらい、グッと距離が近くなった印象があります。

なぜそう感じるかというと、今までは僕の方が、彼らから話を引き出そうとあれこれ話題を振ったりしていたのですが、今回はみんなからよく喋ってくるようになったから。

初期からよく話す男子はいたのですが、今回は彼だけでなく他の男子、そして唯一の女子も話しかけてくる。更に夕べ一緒に飲んだ卒業生プレイヤーたちとも、ひとつ垣根が取れたように楽な会話ができるようになりました。


今朝半身浴をしながら細かい要因を考えたのですが、まずお互いの緊張がとれてきたのは確かだと思います。なぜ緊張していたのかというと、やはりそれぞれにまだ人間をよく知らなかったし、更にパーソナルと素直に付き合うよりも、お互いの立場や肩書きを意識しての会話だったのかもしれません。

それがとれていき、随分普通に会話できるようになってきました。学生たちからがそうなので、こちらも尚更自然体で表現します。


きっと、信頼関係という瓶の中身が一杯になりあふれでたのでしょう。一回一杯になったからもう大丈夫。後は、お説教や喧嘩もあるかもしれないし、彼らが僕に対してムカついたり不満を持つこともあるかもしれないが、人として向き合い素直にぶつかれることようになったのは確かだと思います。


やはり、どのような正論や気遣いより、まず必要と感じる【信頼関係】というものは、時間をかけないと絶対に創ることはできないと思いました。

一回だけ合って好印象をもったとしてもあくまで一方的で一部分の印象であり、お互いの希望や利害が同量になる関係、つまり信頼関係という目に見えないエネルギーが生まれるためには、それなりの時間を積み重ね、良きも悪きもある程度披露し合わなければならない。


ただ最近は、インターネットによる時短快楽文化の浸透により、待つこと、待ちわびること、待ち焦がれることといった、我慢と喜びのハイブリッドメンタリティが失われつつあるため、若い世代を中心に、

“待たずに判断したがる”

風潮を感じます。

SNS上でもありがちで、時間がかかることを恐れるあまり、素早く通りいっぺんの反応をしたり、求めたりして、そこに安心感を見つけようとしたり。


しかし真に欲しがるべき関係とは、信頼関係こそがあってスタートするものであるはずで、それは時間をかけ言葉や気持ちを尽くし、嫌なところも見た上で初めて手に入るものだと思います。


私たちは改めて、待つこと、素早く判断しない判断、おおらかに見ること、そして相手に素直に接してもらうべく、まず自分から正直に相手にわかるように表現する努力をしなければならないのでしょう。

引きこもり黙ってしまわず、勇気と笑顔をもって、人にぶつかっていく、そんな生き方をしたい。


なんか最近理屈っぽいですね。すみません。沖縄は、より楽しくなってきました。


沖縄県芸レッスン。

posted by take at 21:34| 活動報告

2016年01月20日

那覇ジェットコースターナイト


沖縄の夜は盛り上がりました。

何度か来た『かずさん亭』はやはり楽しく飲める店。お店の方々は皆さんただ陽気なだけでなく、チョー面白い人たちで、注文をとりにきても酒や料理を運んできても、何かしらギャグっている。

電飾ギラギラ光るメガネをかけて客と写真を撮ったり、学生がした注文にも駄洒落や下ネタで聞き返したり。

プラッチックの大きいひしゃくみたいなのに入っているのは“巨峰サワー”だが、頼むとデカイ声で

「はいー!巨乳サワーひとつー、サイズはAカップ?Bカップぅ?!」

とくる。僕が「ためしに貧乳サワー頼んでみ」とあおって、学生が勇気リンリンオーダーすると、おぬしやるな!ってな目で見て、なんだか臨機応変にギャグっている。

2015101619540000.jpg

店内はとにかく笑い声でいっぱい。夕べは学生にOB、前任の宇佐美さんも一緒に、とにかく盛り上がっていた。

泡盛を山盛り飲んでそろそろお開きかという頃、学生が一枚の色紙を持ってきた。

「先生、これお店からです」

ヨッパな頭で “なんじゃろ?”と見てみて、瞬間驚愕。なんと、僕の名前が達筆で書かれているではないか。【武典】が、芸術的に踊っている。

2016012023510000.jpg

まさしくびっくら仰天!!!!

「えっ?!こ、これ、誰が書いてくれたの??」

なんとあの電飾メガネ巨乳のにーちゃん店員。聞くと、カウンター内にいる初代店長のかずさんから受け継いだ、二代目店長さんとの噂。

学生にどんなアプローチをして名前を聞いたのかとか気になったが、まあそれを探るのも野暮なのでやめて、ただただ素直に受け取りました。

こんな素敵なプレゼント、あまりにサプライズ過ぎて一瞬で歓び大爆発。客の名前を芸術的にプレゼントする、その粋なサービスに泡盛から更に盛られて酔しれる僕。心から幸せな気分で店を出ようとしました。


気がついたら、僕の靴を誰かが履いて帰ったらしいこと。それが最近買ったばかりのお気に入りのMBT(マサイ・ベアフット・テクノロジー)であり、決して安くないこと。ので、店のゴムサンダルでホテルまで帰り、明日靴を買わなければならないこと。キャリーケースを、代行で帰る学生の車に積んだままホテルに帰ってきたことなんか、

「まっ、いっか」

くらいの、嬉しい色紙でした。

それにしても、上がったり下がったり、ジェットコースターのような那覇ナイトでした。


沖縄県芸、レッスン。

posted by take at 23:13| 活動報告

2016年01月19日

昨日のブログ


昨日のブログ、書けてはあるんですが、ちょっと訳あって今日アップする気になれません。

毎日読んでくださっている皆さん、すみません。昨日のは明日アップします。

わけわかんないですよね。すみません、どうしてもそういう気分なのです。このブログなんて僕の個人的よたばなしなので、別にとるにらないことで、大したことでないのはわかっているのですが、でも一方的投げかけにも小さなルールがある気がして。謝らせてください。
m(__)m


川越へ。


posted by take at 21:47| 活動報告

2016年01月18日

スキルの弱点


IMG_5724.jpg

昨日、焼酎を飲みながらつい口からでた真理。

「私には高いスキルがあるが、酒を飲むと喉からそれが流れていっちゃうのよね」

「じゃあ飲まないの?」

「いや飲む」


今日は年一回のジパング新年会である。一回しかないから、たくさん飲むことだろう。四人の、はなからどの程度あったのだろうスキルが、どんどん目黒川へと流れていくものと思われる。

そして私たちには、素直で正直な友情だけが残るのだ。

ね、まだしらふのうちには、まともなこと書けるスキルがあるでしょ?

あー、雪でもみんなきちんと集合しちゃいました。それでは皆さん、今年もジパよろです。


「カンパーイ!!!!!」


ジパング、新年会。

posted by take at 15:45| 管理人よりお知らせ

2016年01月17日

信頼関係


長いこと人生を送ってくると(というほどまだ生きてませんが)、意見の似通った人はそれなりにいるが、細かい考え方を見つめたなら本当に十人十色なんだなあと思います。

ということは、自分はノーマルだと思いたくても、現実としては結構独特で、どの程度常識的なのかは甚だ怪しい。そういう意味では、ノーマルな人なんて存在せず、70億総変わり者なのかもしれない。


それでも、本音で話せてあまりハウらない付き合いやすい人がいれば、

“随分違う思考なんだなあ”

と思う人もいる。

で、違った場合、自分の正論で論破したくなったり、同意させたくなったり、単純に喧嘩したくなったり色々な気持ちが沸くものだが、もし正しい時の流れがあるとしたら、

“不愉快が目減りしていくように、理解と変化がある”

それはお互いの尊厳が尊重されていることになるわけで、70億全ての人が皆当たり前のように、気分良く地球上で生きていける状態だが、そのために必要なことは、唯一の正義や、常識、もちろんそれを語る正論、

その前に

【信頼関係】

というひとつの糸のようなライン、これに尽きると思います。


70億全ての人とその関係を造るのは当然不可能ですが、変わり者の自分が、自分の周りにいる人たちと本当に造れているのか。これは自分に問わなければならないし、考察と努力、我慢と信じる心が必要ですね。

自分はこの人とは信頼関係を造らなくてもいい、と思うなら、自分から離れるべきでしょう。ただ、一緒にいることを選び、自分主体に関係空間を造りたく相手の非難を自分で容認しまくるなら、信頼関係はまず生まれない。生まれないのだから結局不快が生まれ、傷つけたりしながらいずれ別れを迎える。そこを目指すのはあまり気持ちよくないし美しくない。


「自分は嫌われてもいい、言いたいことは言わせてもらう」というのは、黙りこくってしまう人より一見相手を信じてそうだが、築きたいものが信頼なのか優越感なのかで、言葉も表情も変わってくる。


信頼関係が造れることこそが何よりも必要なスキルなのだとしたら、目の前の人に信頼してもらえるべく、自分とは違う意見、表現の彼を認める瞬間を、一回でも多く増やしていくべきなのだと思います。



室内合奏団。ブロカート。

posted by take at 17:45| 活動報告