2015年12月31日

マイ・コンセントレーション


今年の終わりに一番考えているのは

『集中』

です。これこそが、私たちの人生を幸せに導く気がしてならなくなってきました。特に今年の後半にかけて、こういう気持ちが強くなってきて。


昨日歯ブラシの話を書きました。歯は当然全ての歯が大切ですが、そのケアは、たくさんを一気にではなく、ピンポイントに集中したことをまんべんなくとなるようです。

「良い道具を使って安心するみたいで、歯周ポケットまで届いてない場合が」

という歯医者の言葉から、歯垢や歯石、虫歯菌のピンポイントにまで集中しきれてない何かを感じます。昨日のポイントブラシだと、そこへ届いた一ヶ所に集中できる感覚があったのです。一ヶ所一ヶ所だと、時間がかかって面倒くさい気がしますが、同じ時間幅広くブラッシングするより、手応えを感じました。



ゆとり教育の目的と内容を少し見てみました。以下のようです。

・各学校のスタッフが、自分たちで知恵を出し合って特徴豊かな教育を行う

・生徒の学ぶ勉強範囲を絞る事でその負担を減らし、浮いた時間は生徒個人の自主的な勉強の時間にあてる

・生徒自身が、【自分で物事を考える力】を育てる事ができるよう導く。

つまり、生徒個人の自主性を伸ばす事に、目的を置いた教育だと言う事ができる。

「これらはやはり詰め込み教育の反省による所が大きいようです。基礎知識を徹底的に頭の中に詰め込むやり方では確かに、生徒の自由な想像力は伸ばせません。しかしゆとり教育に移行後、生徒の自由で豊かな発想力や想像力が伸びたというデータは、今のところほとんどありません」

という報告を見ました。これを全て鵜呑みにするわけではありませんが、今、これらを集中と絡ませて考えてみたい気持ちがあります。

わかりやすいこととして、土曜日が休みになり、子供たちに時間ができたというのがあります。その時間で、自主的に選び学べということでしょう。ただ、若いときの正月休みと同じで、無目的なら時間だけできても楽しくないし、うまく使えないものです。(疲れている大人には少しでも長く欲しいものでしょうが)

若いときの僕は正直、勉強には全く集中せず、トロンボーンと音楽ばかりやっていた。親にもよく怒られていた。友達には勉強マスターもいたし、部活動マスターもいた。文武両道もいたし、何にも興味なさげで漂っているやつもいました。

後になって、僕の人生はトロンボーンかな、と腹をくくってからは、勉強その他に集中しなかったことも 「まあ、善しとしてください」 みたいに自己弁護完結しているが、同時に勉強マスターだった人の中には、結局更なる集中できる柱なきまま大人になったのか、仕事の愚痴と無意味な社会批判を聞くだけの再会もあったりする。

詰め込み教育だろうが、ゆとり教育だろうが、自主性が大事なのは根底にあるとして、時間が自らコントロールできる年、世代であるかどうかと、積極的に集中して取り組めるような環境とは本当はどのように設定されたものなのかが、物凄く重要な気がします。

まずは、幅広いたくさんの項目がまんべんなく何でもうまく優秀に出来る人材を求めてしまうのではなく、やはり集中できることによってその人らしいことが秀でること、つまり他のあれこれが具合悪くても目をつぶり認めるような価値観の環境。

そして、ほとんどの子供たちが、なんとかしてそんな

【マイ・コンセントレーション】

に出会える環境。

たとえ出会えたとしても、時間だけあって自由過ぎる環境だと、意外と集中して取り組めないもんです。それも自分で考えろではちょっと冷たすぎるし、成長に対してあまり現実的ではない。

また、やりたいことが定まってるのに、「あれもやれこれもやれ」「どれもきちんとやれ」では、時間に追われ、項目に追われ、何より

「ひとつだけに没頭しちゃだめ」

って言われてるようで無理です。今の大学はこれっぽい。 文武両道なんてそらかっこいいけど、その方が極めて特別変異だと考えた方がいい。


歯磨きも、人生の目的の真ん中を貫く柱も、マイナンバーじゃないけれど、他の誰彼関係なく“自分が”集中できること、更に、本当に集中できるポイントと向き合えることが大事な気がしてなりません。


大人のイメージと都合で、

“社会における不備の無い横並び”

を求めるのではなく、

“みんなバラバラでも、幸せな人生の横並び”

になるような、そんな教育、歯磨きこそかなと。ただ、協調性の中からこそ学べる“個性の説得力”ありなので、バランス含め。

来年から、なんとかしてそんな方向へシフトしていきたい。こう書く僕が、やっぱり横並び重視で求めがちなので。


ベートーベン全曲コンサート。
皆さん、来年もあれやこれやうるさいと思いますが、よろしくお願いします。 m(__)m

posted by take at 13:24| 活動報告