2015年12月21日

演奏中息流し放題


ある人が、前夜の飲み会を悔やんでいた。かつての生徒たちが集まってくれたのが嬉しかったそうで、二時間があっという間だったらしいのですが、 その “二時間飲み放題” の時間、ずっと自分が喋りっぱなしてしまい、当人もみんなもほとんど飲まずに会が終わったのだそう。後になって、一方的に自分が話し生徒たちがずっと聞いていた状況が、悔やまれると。

最近、この“〇〇放題”というの増えた印象です。これって、一方的なベクトルが見えるシステムですね。一定料金払うと、客が時間内は一方的にいくら飲んでもいい、店の方から反ってくるベクトルが無いイメージ。

この飲み会は、そんな飲み放題のベクトルが、先生の二時間喋り放題のベクトルに負けてしまったという話ですね。




我が演奏から、どんな印象を “一番 ”もってもらうのが得策か、を考えた。

“何よりの最終希望”は

【感動する】

で、そのためにどういう印象になるのが良いのか。この感動してもらうというのは、皆さんご存知のとおり物凄く難しく、どうやったら人がジンジンしてくれるのかのハウトゥ本は、残念ながらこの世には存在しない。ので “感動に向かいやすい状態” を妄想してみたのである。

まず、上手いと感じられてしまったり、ちゃんとしてる、ミスがないなんて思われてしまうと、実は感動には向かわないのだと思います。

じゃあ、一生懸命か? と思ったが、熱演というのは失敗作と紙一重であり、言葉としては足りていない。

積極的…は、悪くないと思う。ただ、見た目がというより、発せられている音から聞こえる生命力や躍動感の方ですね。見た目が

“フンフン (`0_0´)”

鼻息荒くやっていると、見てる方は引いていく場合も多いすから。

じゃあ、どんな状態の音? 明るい音? でかい音?

いや、どんなに明るく綺麗でも、直ぐに飽きて感動にはならないものもある。やはり

『流れ続ける息』

というニュアンスが聞こえ、しかも音量ではなく、その流れこそがクレッシェンドして聞き手に攻めてくる、そんなやつじゃないでしょうか。

それは、ある種の押し付けがましさであり、積極的な表現意欲に名を借りた、吹き放題みたいなものである。曲の最初から最後まで、

『演奏時間中息流し放題』

みたいな、一方的なベクトルエアー。


きっと、久しぶりに集まった生徒たちは、嬉しそうに話し放題話している先生を見ながら、感動してましたよ。

“せんせえ、相変わらずお元気だなあ〜〜”

って。


N響、第九練習。海上自衛隊レッスン。

posted by take at 21:03| 活動報告