2015年12月16日

抵抗困難麺


夕べ、夕飯を食べながら『マツコの知らない世界』を見ていた。

この番組、知らないというマツコがやたら細かく知ってたりする。もちろん下調べはするのだろうが、日常的にあらゆるものに対する探求心旺盛感が画面に溢れており、はっきりとした好みとしての評価も含め、白紙の状態で学ぶわけではないやりとりが、番組を凄く面白いテイストにしている。

昨日マツコが学んでいたひとつが

【カレーうどん】

これを夕飯時に見たのはちょっとした失敗なのだが、それは置いておいて、マツコのあるつぶやきに、心が床にぶつかるくらいうなずいてしまった。

上手そうなカレーうどんの匂いをかぎ、すすろうとして一言


マツコ 「カレーうどんてまずくなる要素がないわよね」


そうだよなー。まずい要素のないうどんと、まずい要素のないカレーが合わさる。相性も、ご飯と同じく旨味と甘味のあるナチュラルな炭水化物と、かつては奪い合い戦争の種にまでなったスパイスが溢れまくるカレーなのだから、合わない要素がこれまたない。

まっことマツコの言うとおり。

僕は、遺伝子上うどん側からしかカレーうどんを見ていなかった。うどんのラインナップの中のひとつであり、あくまでもうどんにカレーをかけたと。しかし、マツコの発言から持つ印象は

“ふたつの巨星の出会い、ビミアージュ(美味マリアージュ)”

という、幸福感が空腹感に入っていくという、正義とも呼べるようなものであった。


なんとカレーうどんは1910年頃の産物らしい。最初はそば屋がそばにかけたと。もう100年選手である。次の情報は1990年代であり、プレゼンターの「この間何もなく……」というコメントに「80年間なかったのっ!!」と、あの顔で突っ込むマツコも面白かった。その情報は、巣鴨の古奈屋がクリーミーカレーうどんで新しい扉を開いたというもので、その後の発展から、現代の様々な百花繚乱ぶりを紹介していた。

まあ、古奈屋のアイデアと頑張りを認めないわけではないが(偉そー!)、僕は遺伝子上やはり 『五右衛門』 が、真のカレーうどんとなる。『鶴丸』も大好きだが、やはり古馬場(高松一の夜の繁華街)に生まれ育った身としては、古くからこの町に店を構える五右衛門こそ、

“ザ・カレーうどん”

である。旧吉川邸が、二軒の五店衛門に挟まれていることは、高松の夜を徘徊する者で知らない者はいない……知ってたら、昭和な関係者。

昨日の番組では、稲庭や水沢、大阪や恵比寿からも店が来ており、どれも個性豊かで美味しそうだったが、所詮100年の歴史の中では新参者。五右衛門は歴史的に見ても古くから釜茹でで、客(?)から金を奪っても人気者になるくらい華麗に庶民の心を奪っていた。


そーいえば、今年の3月22日のこのブログにも、カレーうどんに対する想いを書きちぎり、つけめん風の“つけカレー”にすると、カレーが跳ねないと書いたが、昨日マツコは、つけカレーうどんで見事に撥ね飛ばしていた。

多少の困難を伴うところも、男女の関係が如く魅力たっぷりなカレーうどんなのである。


川越へ。

posted by take at 09:54| 活動報告