2015年12月11日

落葉広い

2015121112570000.jpg

代々木公園も、NHKホールにゲネプロに向かう今朝は、雨風が強かったんです。

ちょうど季節のタイミングなのでしょう。イチョウはじめとした木々の葉っぱが、強い雨で落ちる落ちる。少し雨が和らいだら今度は風。葉が中空を舞、視界のパノラマいっぱいに広がるのはそれはそれは壮観なはずなのですが、なにせ雨。濃いめのグレーな雲の色がバックでは独特過ぎる世界観だし、何より雨で見渡すのが難しい。濡れた葉っぱが降り注いでくるのも、あまり気持ちが良いものではなかった。

ホールに入る直前、少し晴れ間が見えた。天気予報では、雨がやみ気温が上がると聞いていた。


ホールにこもり、長い長いマーラーの三番のゲネプロを終える。それなりに、神経は消耗したが、本番までの間に川越へ行かなければならない。室内楽発表会のトロンボーンアンサンブルを聞いて、成績をつけなくてはならない。

「雨、降ってないといいなあ……」


ホールを出ると、予報士の予告通り青空が広がっており、そして

「あ、暑いがな……」

蒸しっとした空気の中、ホール側から信号を渡り、再び代々木公園の中へ。いつものように、自然とたわむれるコースを歩き、原宿を目指すのです。

公園の小さな入り口を入り土の上を歩く。まだ濡れているところもあるので、そんなぬかるみをよけながら。

10メートルほど行くと、突然目の前に、黄色い黄色いいちょうのじゅうたんが広がりました。

瞬間絶句、直後に心がつぶやく。

「き、綺麗………」

土の上、木々を囲むように広い範囲、美しい黄色が眼前に、パノラマとなって現れたのです。


これは、午前中の雨風が作った自然の産物。サンゲツ(カーペットメーカー)も真っ青な、美し過ぎるデザインだ。同じ葉っぱでも不快感すらあった午前とのギャップが、余計感動的な気持ちをあおっているよう。

やっぱり自然って凄い。あまたある名画を生み出す芸術家たちの感性を軽く越え、彼らのジェラシーと生涯をかけた意欲を呼び起こすが如くの色の力。そんなじゅうたんを前に、しばし立ちすくむ。

足元が、水を含み柔らかくなった自然の土の感触だったことが、この美術館を一層魅力的なものにしてくれました。


学生たちよ。演奏も頼むぜよ。


川越へ。N響定期。

posted by take at 13:59| 活動報告