2015年11月25日

平成棚卸し


学生にエラソーに人生を語る。時には説教、時には道徳、時には夢の伝道師となり……


そんな僕が懺悔するのは

“棚上げっぷり”

「いや、いいんだよ。自分が後輩だった時のことは棚に上げても、上級生になったら下級生に言ってやらなきゃ」

と学生時代に言われたが、あの頃の一,二年の棚と比べたら、今と30年前のものは、脚立を使っても届かないどころか、雲の更にむこうくらい高いところに。

まず、自分は五年生までやったのに

「単位取って四年で卒業した方がいいぞ」

なんて言ってる。

僕の発言を聞いていると、まるで学生時代は

一日も休まず、朝から晩まで練習室に篭り、きちんとルーティンをこなし、あらゆるエチュードをさらい、曲を完璧に吹き、おさらい会も試験も名演だらけ、副科のピアノはピアノ科如く上手く、新曲名唱、聴音完璧、設定されたレッスンは一度も遅刻欠席なんかなく、代返とか代筆なんて言葉は知らず、借りた飲み代は踏み倒さず(いやこれは、記憶にないんですが、忘れてるというたちの悪さを信じてしまうくらい、自分を信用してないわけで……)、言い訳の言い訳なんてせず、教授から信頼されており、約束は守り、ガキっぽい言動はなく、清潔にし、衣服もみっともなくなく、きちんと洗濯してたり、お風呂もバッチリ、下宿は常に掃除してあり、電気もガスも止まらないし、先輩とも後輩とも揉めることなくうまくやるから飲み会も楽しく、次の日のオケの授業やアンサンブルの練習に影響があるほど深酒なんかするはずもなく………


しかし本当に懺悔したいエピソードがあるとしたら、あの朝のことだ。

飲んで帰れなくなった僕たち同級生数人は、根津のやはり同級生の下宿に転がりこんだ。

彼はその頃通販で買ったばかりのベッドが自慢で、

「いいのが安く買えた。やっぱりベッドだよ」

と。せんべい布団で万年床(意味がわからない若者は、昭和のおじさんに聞いてみよう!)で寝ていた僕は、少々羨ましかったが、狭い下宿の半分近くを占めるベッドの上で、もちろん嫌がらせでもなんでもなく、嫌がる家主をよそに飲み始めた。スペースが限られてたのよ、昭和の下宿だし。

え?酒こぼしたんだろ??

いいえ、こぼしません。それどころか、かなり酔っぱらっての訪問なので、直ぐに潰れてしまい、僕を含めた三人が順番にベッドで寝ちゃったんですよ。

家主は、床。

全員寝てしまった暗闇、酷いイビキの合唱(多分)のみが鳴り響く。そんな中、突然

“バギッ!!!!!!”

鈍い音が。同時に、たいして厚くはないマットレスが腰の辺りで “くの字” に。そう、下の板が、重めの三人の無防備な寝返りに耐えられず、折れてしまったんです。

「誰もケガなくてよかったな」

翌朝、自分たちの心配をする自分たち。そして、当時恰幅の良かった彼に対し

「お前ならもっとしっかりとしたの買わなきゃだめだよ」

と。

自慢から一転、凹みまくりの彼は当時も優しくて、弁償を申し出た僕らに一言。

「いいよ、安もん買った俺が悪いだよ」


あ"〜学生って!
あ""〜〜若者って!!
あ"""〜〜〜俺って!!!

ホント酷かったっす。


N響定期。

posted by take at 17:08| 活動報告