2015年11月22日

パワー・オブ・イントネーション


音程は、

《よかったり悪かったり》

《高かったり低かったり》

するが、

【よく喋ったり無口だったり】

【元気で目立つやつだったりおとなしくて地味だったり】

もする……なんて書くと、どう捉えますか?

和声感豊かで、音が変わる度にニュアンス変化しまくり、なんてのが想像しやすいと思いますが、伸びてる単音でもあると思うんです

彼 (音程)自身の主張がやたらはっきりしてたり気持ちはあるのかもしれないがぼやけてて伝わりにくかったり、ずっとウザいくらい主張し続けたり途中で控え目になり主役の座を明け渡したり……



大学見学会、レッスン。ブロカート。

posted by take at 17:45| 活動報告