2015年11月15日

からしれんこん再び

FullSizeRender~0001.jpg

皆さんは、凄く好きな食べ物だけど、日常的にあまり回数食べられてないものってありますか?

僕にとっては明らかに

『からしれんこん』

がそうです。夕べは、二人だけで九州料理に入りました。で、ファーストコールは、さつま揚げでもとり天でもなく、迷わす

「からしれんこんっ!!」

ペロッと食べきり、一時間後にはもう一皿お代わりをしていた……二人なのに、メニューは豊富なのに、一皿六切れものっていたのに。

じゃあ頻繁に食べているのかといえばさにあらずで、回数はとても少ない。一年に一回か二回あるかないか。

たけ 「これはヤバい……」

なぜなら、大抵の食べ物なら、人生のトータルに足りてるか足りてないかなんて意識にはそうそうならないが、からしれんこんはこのペースだと、結局あまり食べなかったと悔やみながら旅立つ可能性がある。

半世紀を迎えた僕があと50年生きたとして (?( ̄ロ ̄))、 50回か、多くて100回しか食べられないことになる。それでは、あまりにも後悔特盛で、旅立つにも旅立てないではないか。

しかも、食べてるやつ全部に、迷いなく美味を感じ満足しているわけではないのだ。好きだから期待しすぎている訳ではない。

「え〜〜、からしれんこんって、辛くて鼻にツーンってくるじゃなーい」

そらからしじゃからツーンじゃわ、ボケ!

ってツッコミが入れられない店は、軟弱ギャル顧客を逃したくないため、全然辛くないからしをつめていたりする。それは、からしなのかい? そんな生き方で、社会の荒波を乗り越えられるのか、いや無理だ。

「なんかれんこんって、歯ごたえ硬くてぇ」

という、ヤワヤワクネクネ系OLに迎合して、やたら薄いのを出す店も。

あのなあ、その食感こそがれんこんの魅力ぢゃろがあ。歯ごたえ、手応え、口ごたえ。そんな戯言に合わせた段階で、本当の客を何十人も逃したことに気がつかんかの。食べ物やっちゅうのは、自分の舌の信念を裏切った段階で堕落への道へと進むのぢゃ。


えー、からしれんこんについて書くのは二回目で、前回なぜ好きなのかは書いたので、ここでは割愛いたしまする。

とにかく、残りの人生70年 ( ̄ロ ̄;)、一度でも多く、ツーンからのシャクシャクを楽しまないと、悔やむことになる。

辛くもからいことの多い穴だらけの人生だが、そんな壁に負けないよう、夜な夜な立ち向かっていくしかないのである。


室内合奏団。N響定期。アマチュアオーケストラ、指導。

posted by take at 17:21| 活動報告