2015年11月10日

脱受け身


昨日、オーケストラの授業に木管や弦の先生と共に参加し指導したのですが、学生たちのパフォーマンスを聞きながら改めて感じたことがありました。


もちろんリズムやアンサンブルとしてのバランスは大切で、奥も深くしっかりと追求しなければならないが、それ以上に個人の、音量と音の長さに対する向き合い方がとても気になりました。

気がつくと、指揮の先生に断りもせず立ち上がり、言葉を投げていたりしていました。

「皆さん、皆さんが書かれてある音量を無視してるとは思いません。思いませんが、扱い方がとても甘いと思います。雑というか。書かれてあるダイナミクスは、皆さんが思っているよりも凄く重要で、真剣に、とても大切に意識しなくてはなりません」

「全ての音を一生懸命吹かないで。楽譜上の音譜たちは平等ではありません」

「フォルテはテンションです」

「ここのピアノはテンションではありません。柔らかさです」

「ディミヌェンドで終わるフレーズが多いのですが、でも自分のパッセージで音楽を終わらせないように」

「僕には全部音が短く聞こえます。いつ切るかじゃなく、どこまで伸ばすかを強く意識して」


これらは、オーケストラの授業のことだけでなく、普段の取り組み、楽譜そのものの向き合い方の問題であり、演奏家たちが日常的に、強く意識すべきこと。

最後は、木管の先生が

「もっとみんな歌おうよ!!」

と叫んだが、その投げ掛けの根幹はそんな常日頃にある。

まずは楽譜という記号に対して、受け身、うのみとして付き合うのではなく、

「一体どういうことなのか?」

という、疑問と探究心を持つということに尽きる。

そういう意味でも、音楽をやることが受け身になっているうちは、何も見つからないし、なんにも表現できないのだと思う。

ただ、受け身であることをやめればよいだけ。一歩踏み出し、探し求め、自分の声として、意見する方に転じればよいのだ。


N響、収録。打ち合わせ。

posted by take at 22:13| 活動報告

2015年11月09日

キング・オブ・あげもの 音楽編


体調の波があるのは仕方がない。自然なこってす。

ある程度以上具合が悪くなると、人は自然と休む。休むと当然不調は改善され、体力も回復する。調子良くなると、またアクティブに動く。当然復調が嬉しくなって動くもんで、先のことなんか考えずに動く。そしてどんどん疲れていき、また休まなければやれない身体までいっちゃうもんです。

そんな体調に影響をうけたり、また気持ちの自然な波もあったりして、気分というのも一定とはいかない。

単純に天気良く、快晴だと上がったりするし、雨ふって低気圧も活躍したりすると低気分になったりします。良いことがあったり自分の手による成果が感じられると “調子の波” にのったりする。コイツはたいそう気分が良いのだが、副作用もありんす。気がつくとなかなかに不遜になっており、本人なりに気をつけてるつもりでも言動が偉そーになっていたりする。自覚ないまま、周りを不快にしたり。そして、しっぺ返しが如くダメージをうけ、再び謙虚というスタートラインに立つことに。


体調も気分も波がありますが、連動してたりもしますね。理想としては、常に元気で気分良くといきたいですが、そう都合良くはできてない。失敗と学び、そして節制あっての人生をおくるように、神様は設定しました。

そうはいっても、常に前向きに生きたい気持ちは強い。皆さんには、気分を無条件で上げるアイテム、たとえば音楽とかありますか?


僕はやっぱりカーペンターズと、最近はジョンウィリアムズの作品集をiPodで。これらをBGMに、人生というドラマをあげあげで進んでいきます。

どちらも、長い時間を並走してきたもので、いろいろ苦しく辛いこともありましたが、今それらは乗り越えられてきてるわけで、ノスタルジーだけでなく、サクセスミュージックでもある。今となっては良き思い出と思えることも多いわけです。


カーペンターズはもうなんというか。物心ついたころから、ねーちゃんのカセットを奪い取り、聞きまくっていた。人生のなんちゃもわかってなかったあの頃から、十分切なくなっていた。今ほどは深くない、未開拓にせよ、感受性はビンビンに敏感だったのか。聞いて

ぐしゅしゅん、むふふん

としていた。屈託のない明るいナンバーは、もう少し後になってからお気に入りに。夜独りで部屋にいるときも、晴天の元いろんな人たちと楽しく過ごしているときも、カレンの歌が、気分を揺さぶってくれたのです。

それらが思い出と化した今でも、僕の時間を元気にしてくれる。素晴らしいクラシックミュージックです。


ジョンウィリアムズの曲にはもちろん深刻なものもあるが、基本グランドオーケストラのヴィルトゥオーゾは明るく屈託なくカッコいい。理屈じゃなく単純に、カッコいいものは快感がどんどん襲ってくるもので、気力と活力が上がってきます。

ロンドンシンフォニーはじめとした、一流演奏家たちのパフォーマンスはどの曲も素晴らしくて、演奏家としてのやる気もあおられます。


長く厳しく素晴らしい人生の旅。無条件で上がる音楽たちに助けられながら、映画の主人公になった気分で、突き進みます。

おふくろがいつも言う。

「たけのり、健康が一番やで。元気でおらねかん」


お母さん、健康には音楽が一番だよ。音楽たちと一緒におらねかんの。


川越へ。

posted by take at 12:09| 活動報告

2015年11月08日

御礼


昨日のジパング、御来場くださった皆様、ありがとうございました。

満席近いお客様を前に演奏できること、年々喜びが増しています。これからも、更に進化できるよう時間を重ねていきたいと思います。皆様に再び聞きにきていただいた時、よりトロンボーンの魅力を感じていただけるよう、これからも頑張っていきたいと、心新たに誓いました。

トロンボーンクァルテットって、本当に良いものです。18年目に向かって、四人でこれからも止まらず走ってまいります。


ブロカート。


posted by take at 22:38| 活動報告

2015年11月07日

ジパングへの道のり


2015110714350000.jpg

2015110714400000.jpg

2015110714500000.jpg

2015110715100000.jpg

2015110715270000.jpg

2015110715430000.jpg

2015110715450000.jpg

2015110715530000.jpg

2015110718410000.jpg

IMG_5586.jpg

2015110721390001.jpg

最後に、打ち上げの乾杯を写してフィナーレにする計画でしたが、案の定飲みはじめたらふっとんでました。


ジパング 本番。
会場にお越しくださった皆様、ありがとうございました。たくさんのお客様の前で演奏できること自体、幸せに感じています。心より感謝申し上げます。また次回に向けて、頑張ります。

posted by take at 22:35| 管理人よりお知らせ

2015年11月06日

みんなで習おうタクシーの乗り方 大人編


今朝テレビで、ニューヨークのタクシー内での、泥酔客によるトラブルのニュースを見ました。

行き先がはっきり言えず、困り果てた運転手が 「降りてください」 と言うと、急に暴力を振るい始めたと。車載カメラに残った映像は世界中に発信され、飲み過ぎて気が大きくなり過ぎた代償は、不名誉有名人のレッテルとなって、痛すぎる傷になりました。


あー、気をつけよ。くわばらくわばら。


そんなニューヨークからすると地球の裏側。ジャパンは四国、高松市内の繁華街で、運ちゃんに聞いた話。

運ちゃん 「こないだ乗せた客が、もー何ゆーとんかわからんくらいべろんべろんでのー……」

世界は広いが、夜な夜なパターン、そのバリエーションは似たよーなもんのよーです。

運ちゃん 「行き先もはっきり言えんのやー。“とにかくこの道真っ直ぐ、途中で右に曲がって”しか言わんでの……」

そうとうヤバイね。

運ちゃん 「で、お客さん、どこで曲がるんですか?って聞いても、ちゃんと答えられん。“とにかく真っ直ぐ行け”としか言わん。仕方ないけん、とにかく走り始めて、角のたんびに“ここですか”って聞いたんやけど、“違う”か“先に行け”。そのうち怒りだして“とにかく、真っ直ぐいったらえんや”ゆーて怒鳴るけん、こっちも頭きて、もう聞かんで走り続けたんや」

あ〜あ………

運ちゃん 「ほやけど、さすがに寝てしもとんを無視してどこまでもゆーわけいかんけん、結構走ったら“お客さん、もう〇〇ですけど、まだですか?”って聞いたりしたんやけど、手だけ動かして“行け行け”ゆーて」

………

運ちゃん 「で、さすがに徳島の手前まで来たんで、“お客さん、もう徳島入ってしまうで”ゆーた瞬間、いきないガバッと起きあがって、凄い形相で周り見渡したが。“と、とくしま……”ゆーてつぶやいて、顔真っ青なって」

で、ほんとはどのへんの人やったんですか?

運ちゃん 「なんちゃないが。乗ったとこから二本目の道曲がって直ぐんとこや。がいに近いとこや。そのまま引き返したけん、えろーたこーなってしもたけど」

ですね。

運ちゃん 「帰り道は黙ったまま、ずっと起きとったわ。ちょっと気の毒やったけど…」

けど、しょうがないですよね。


ちなみに、女性の酔っぱらいも困るそう。寝てしまって、呼んでも起きない場合、身体をさわるわけにいかないので、身の回りの物でつついたり叩いてみたりするそうなのですが、それでも起きない時は、交番へ行き、後はお巡りさんに任せるとのこと。


はー、きーつけましょ。


ジパング。
いよいよ明日です。とてもエキサイティングなコンサートになる予定です。皆様、是非。

posted by take at 20:47| 活動報告