2015年10月21日

ジパングなう


今年のジパングは、11月7日、土曜日の19時から、杉並公会堂になります。16回目ということで、ベテランズは張り切ってリハーサルを続けています。


10回目の記念公演。入場料を1,000円均一に設定し、ウェブでリクエストを募り、ランキング形式でプログラミング、檀ふみさんにナビゲーションをしていただき、トリフォニーが本当に満席になったあのコンサートから、早7年が経とうとしています。

実はこのコンサートの打ち上げで、ある方から

「ほとんどの団体は10回目以降駄目になるんだ」

といった内容の事を言われ、少し憤慨したのを覚えています。きっとあれは、

「これから先も気を抜かず頑張りなさい」

というエールだったのだと思います。


で、実際11回目以降、駄目になったとは思いませんが、なんだか目に見えないものに突き動かされ迷うことなく勢いで進みきった最初の10年と、テイストが変わったというのは確かな事実になりました。

まず、それまでのジパングらしい演出を織り混ぜた舞台というのを作りにくくなった。厄年の頃を迎えていた僕としては、なんだか積み重ねてきたジパングらしさで進む気になれなくなってしまったのです。

なぜだかは自分でもわからない。10年間とは違うものをやらなければならないと思ったのか、それもはっきりしなかった。とにかくその気にならなくなった。だからといって、MCも演出もゲストもない、ノーマルなクラシカルコンサートをやるという気にもなれず。

また、それまで目の色変えてやっていたアレンジ (場合によっては、一コンサートほとんどやっていた)に対する意欲も減退した。

よって、少ないアレンジといくつかのオリジナル、そして最小限の演出でのコンサートとテイストが変わっていったのです。

ただ、つまらないこと、質の低いこと、冴えないことをやっていたつもりはありません。ただ形が自然と変わっていったと。

更に

「小ぶりのホールで聞きたい」

という声に応えて、ホールも一気に500人のキャパに変えたが、さすがに自分たちも慣れず、トリフォニーよりは小さいが、充分大きな杉並へと移動しました。

そして、震災を経験。更にコンサートのテイストは変わっていく。


勢いというよりは落ち着いたな、という自覚はありました。そして、そんなスタンスに少しだけ不安を持ちながら、できることを一生懸命やっていました。11回目以降の本番の評判だって悪くはありませんでした。


昨年、ふと思うところあり、改めて新しいことを求めるプレッシャーを今一度見直し、

「かつてのジパングらしく、やってみよう。同じようにやればよい」

という気持ちが沸き上がってきました。


そして今年の内容ですが、前半はここ数年レジデンスコンポーザーとして共同作業を続けている、高嶋圭子さんの世界を。

打楽器も加わり、スクエアダンスでスタート。 チャイコフスキーの四季は書き下ろしアレンジ。そして、震災復興を願う音楽、ハナミズキの祈り。

後半はガッツリかつてのジパングを。ウエストサイドストーリーを、二人の声優を迎え、書き下ろし台本による全く新しい舞台。

声優には、高校時代初上京時の僕の失敗を救ってくださり、2012年に28年ぶりにお会いし、以降親交のある向殿あさみさんと、やはり一線で活躍するお馴染み吉田孝さん。脚本は、ゲゲゲの女房他を手掛けた大石宙枝さんによるもの。


前半の現在のジパングらしさ、更に復興支援に対する気持ちも込めたものと、 かつてのエンターテイメントを前面に出す舞台のハイブリッド。


今のジパングが作れる、最も活きのいいステージになると自負しています。


ある意味、復活したジパング。是非、会場へといらしていただきたいと思います。


N響定期、練習。ジパング。

posted by take at 17:57| 活動報告