2015年10月11日

化けていくために


「あの学生、三年の後半で大化けしたんだよね。きっと何かがあったんだね」

最近話題に上がる名手。きっとそのタイミングで、周りが驚くほどプロっぽく上手くなったのだろうが、きっとそれまでも小化けはしてたのだろう。何かあったというのも、もちろん価値あるアドバイスや出会いがあったのかもしれないが、それも含め、きっとスキルのポイントがたまって、そのカードを使って公認名手へと変貌したということだと思う。



今の僕の教育の柱は、とにかく

「自分で自分を変える力を宿してもらう」

ということに尽きる。出来る限りいろんな個性、いろんなスキルの人が、もれなくそうなるような環境作りだが、なかなかそうできない学生もいる。

少しずつ変わっていってはいる。レッスンの成果、周りからの刺激を利用しながら。しかし、前出の学生のように、細かく自分を変えながら、ある時大きく変貌するようなタイミングはついぞ迎えぬまま卒業していく者もいる。

大抵大きな癖を抱えており、自然に吹くだけの余裕がなくいっぱいいっぱいになっており、周りとの差にコンプレックスも抱えそれに支配されてしまうと、自分を変えるためになければならない

“冷静な眼を装備する探究心”

は宿らなくなるようだ。


学生時代だけの話に限らず、例えば同じ名手でも

・初期の段階からまことにスタンダードに上手かった

という人と

・最初はまあまあだが、小化け、大化けを繰り返しながら、長い時間をかけてスタンダードな名手へ向かって変わり続ける人


だったらどちらが良いか。まあ周りにとっては、上手いならどちらでも良いのだろうが、やはり変わり続けることが出来る人の方が、より充実した音楽人生になるのではないだろうか。


常に自分に課題をもつのは全ての名手の特徴だが、細かく変わり続けるというのは、自分のスタンスへの、信頼と疑問の両方を持つことが出来る人にのみ訪れること。

そのこと自体は、何気に難しいことだと思う。

「自分はこういうスタイルが好きだし、それが得意だからそれでいければいいや」

というのは、必要かつ向かいやすいメンタル。そこから更に “プラス脱却” という気持ちを足すためには、やはり常に謙虚であり、様々な趣向、魅力に対する憧れをあきらめないという、しんどい生き方でもあるから。


それでも、変わり続ける人生の方が幸せだろう。

変わるための自分の見つめ方、これを宿すシステム。強力に憧れ探しています。


ブロカート。

posted by take at 17:29| 活動報告