2015年10月05日

納得


レッスン中、プレイバックを集中して真剣に観察している生徒の姿を見ながら、ふと僕の中に

『納得』

という言葉が浮かび上がってきました。


学びというのは、身につき体現出来るようになってはじめて完成形となるが、そこまでの道のりには段階がある。

教師としてアドバイスしたとしても、生徒が自分の不備やその投げかけに納得できていないと、絶対先には進まない。納得していないというのは、反発しているという意味ではなく、自分の状態もアドバイスも他人事のように感心のうわべにだけあり、受身になってしまっているという意味。その場だけ言われた通りにやったとしても、レッスン室を出た瞬間にリセットされることも多い。

このレベルでも納得という言葉は登場するが……


生徒が自分の不備はわかり、先生のアドバイスもわかったとする。しかしわかっただけではそこから先の、

“自分への注入、その方策の理解”

までたどり着けない場合もある。この手のパターンでは生徒の常套句がある。

「先生、わかってはいるんです。わかってはいるんですが、どうしていいかわからず……」


ここから先へいくためには、自分の不備だけでなく、先生として伝えたいより良い形を、先生のものでも自分の再現であっても、目の当たりにし、

“自分のよりそちらの方が全くもって素晴らしいということこそが納得できること”

これこそが必要なようだ。

というか、その納得なしでの改善は、ただの鵜呑みであり、磐石な変化、成長、そして価値あるレッスンとは言えないようである。

これを読んでる方は 「そらそうだ」 と思われるでしょう。しかし、意外と納得までたどり着いてない場合も多いと思うのです。

これには、ただ感動してるだけという薄い憧れではなく、本気の憧れが必要。

例えば先生の演奏を聞いて

“凄いなあ”

なんて思ってるようじゃ駄目。そこにこそ正解があり、自分のは不正解だ、とばかりの納得。

ある意味、完成形が身近に感じられた時にのみ起こる心持ちなのでしょう。


川越へ。

posted by take at 20:22| 活動報告