2015年09月25日

インテリジェンス


来沖している79歳の現役トロンボーン奏者、宗清 洋さんと飲む。体調のこともあり「少しだけ」 とおっしゃっていたらしいのですがなんのなんの。4時間に渡るトロンボーントークに圧倒されっぱなしでした。

宗清さんは、関西のビックバンド、アロージャズオーケストラで現在もリードトロンボーン奏者として、年間相当数のステージをこなすバリバリのプレイヤー。キャリアは、昭和30年辺りからスタートしており、日本のジャズシーンをほとんど見つめてきている印象。そのお話は、奥行きありまくりで

「しにヤベッ!」

てな感じでした。(訳・チョーヤバい。沖縄と渋谷のハイブリッドワード)


先日のソノーレの世界観から続いていますが、更に御高齢。しかしそのトロンボーンと音楽に対する情熱には、脱帽以外の言葉が見つかりません。

好奇心と探求心は枯渇しないようで、コンディション維持の意味合いもあるというご自身がされる個人レッスンの内容が、極めて今の僕のレッスンと似ていたこと、若いときと現在の状況や気持ちの在り方が、何人かの先達から聞いたことと、やはり同じだったことが驚きと共に新鮮だった。

言葉のひとつひとつは、きれいに府に落ちるもので、音楽に対する憧れの根っこ、トロンボーンと共に生きる喜び、その高い質と魅力の強さは、素敵なお話のあちこちにコーティングされていた。


ふと、ある意味での 『インテリジェンス』を感じました。


私たち楽器をやる人間というのは、それがハッタリでも真でも、インテリジェンスを醸すような資質をもってなくては駄目なのかな、と思いました。

トロンボーンと音楽の話しかしていないわけで、他の様々な知識や価値観を披露するということではありません。それがオタッキーや音楽バカのテイストであったとしても、社会や長い人生の流れとの繋がり方が知的に感じられ、その根底にある憧れと真摯、そして謙虚でありながら本能が一途に音楽を求めていることがわかる言葉の数々に、なんだか知性を感じたからです。


「50歳ですか。まだまだあ、これからですよ!!」


宗清さんが言うからそらそうだ。そんな言葉にすら、知的な裏付けが見え隠れする。

沖縄の夜自体が未来の希望へと流れていく。見事で立派な生きざまが、そんな素敵な時間にしてくれました。


沖縄県芸、レッスン。

posted by take at 18:38| 活動報告