2015年09月14日

必要な変化


昨日のブロカートのコンサート。お越しくださった皆さん、本当にありがとうございました。


今回あらためて、変化の重要性を感じました。

アマチュアオーケストラの活動というのは何気に大変なことが多い。各楽器がそれなりの人数揃ってなくては成立しない。演奏だけでなく、様々な運営項目も全て自分たちでやらなくてはならない。

そして、皆さん仕事をしながら、家庭をもったりでの活動なので、ずっと続けられないこともある。転勤、出産ほか。

個人的にも団体的にもとても大変なのに、やはりオーケストラの演奏を体験したくて人が集まる。

そんな団体に必要なのは、何物にも代えがたい大人な雰囲気だし、そんな個人に必要なのは理屈ではない充実感。

想像以上の困難を打ち破っても、持続されるモチベーションが生まれるために、不可欠なことは

『変化』

だと思うのです。

団体としての合奏力の向上。個人のスキルアップ。経験することによる、演奏やオーケストラという団体そのものに対する理解。そして人としての成長、人間関係の成熟。

演奏会ごとに曲は変わるわけで、

「それが経験できて良かった」

だけではない、そんな変化こそを、みんなで手にいれていかなければならない。そう強く感じました。

まずは僕自身が理解し、変わらなければならない。


ジパング。

posted by take at 22:58| 活動報告