2015年09月12日

いよいよ明日です


僕はブロカートフィルの指揮を任されて13年ほど経ちます。

金管及び全体のトレーニングもやることになっているので、様々な練習内容を工夫をしながら合奏や分奏に取り組んできました。

トロンボーン吹きなので、どうしてもアンサンブル重視になりがちですが、弦楽器、木管楽器、打楽器の先生方の力を借りながら、合奏力は少しずつスキルアップしてきた印象です。

僕の指揮も、初期は思い出すのも恥ずかしまくりのチンチクリンで、オーケストラには迷惑かけましたが、少しはましになったと思います。誰も言ってくれないので、自分で言います。


今回は特に

“グン”

と、音楽表現、サウンド、アンサンブルがレベルアップした印象。メンバーの奮起と音楽への情熱の力強さを感じながら、最期のリハーサルを終えました。


僕は彼らの音楽を引き出すことに、指揮するスタンスの全てを使っています。

素晴らしい演奏家たちの、やる気と音楽への愛情溢れる演奏になっていると思います。

もしお時間のある方は、かつしかシンフォニーヒルズまでいらっしゃいませんか。


レッスン。N響、定期。ブロカート。

posted by take at 21:39| 活動報告