2015年09月10日

島根が乱ラン


東邦の卒業生で、島根県出身の女性が二人いる。彼女らが主催する

『島根会』

先日その三回目があった。

虎ノ門のクラフトビアの店。大学上京時の彼らのカントリーテイストを思い出すと、洗練された店のチョイスに、隔世の感があふれでる。僕は無条件しっぽふりふり。しかも、島根のブラウマイスターが作ったヴァイツェンがいきなり目に入り、異常に上がったテンションからのスタートとなった。

構成員は以下の通り。

浜田市出身M
出雲市出身T
高松市出身たけ

漁師町、島根らしい島根(島根出身の楽器屋店員T命名) のMが、八百万の神が集まる出雲大社を擁する観光都市出身Tの先輩。学生時は、後輩の方が都会育ちということで、二人よりも偉い先生としては

たけ「本当はどちらの町が素晴らしく、どちらが偉いんだ?」

といじるのを、毎度楽しんでいた。

今回の島根会でも、お決まりよろしくそんなネタふりをしたら

二人 「せんせえ〜、まだそんなこと言ってるんですかあ。もお、そんなことどおでもいいからあ〜」

洗練された洋服に身をつつみ立派なシティレデーになった二人に、軽くいなされてしまった。


たけ 「実際さあ、島根って大きくわけると、いくつになるの?」

二人 「三つですね。左上が浜田、で右上が出雲」

たけ 「もうひとつは?」

二人 「下ですね」

たけ 「下?なんじゃそりゃ」

二人 「下ったら下ですよ。あの辺り何てゆうんだろう、山の方」

たけ 「南の方ってことね。そこはどーなのよ」

二人 「あそこは……やま、やまですよ。てか、広島の文化入っちゃってるんですよね」

県境の辺りで文化が混ざるのは、日本全国ある話だが、それにしても二人して完全に上から目線である。


話は隣の県に最近できたスタバの話、砂場カフェの話。ビールの勢いもあり、なんとなく二人の鼻息も荒くなってくる。

「先生こないだ、米子辺りに行ってましたよね」

たけ 「そう、倉吉と米子に三日間いたよ。大山も登った。鳥取の方はちょいちょい行ってるけど、松江も含め、最近島根はあんまり……」

かつて二人を 「お、鳥取県人会」 と毎回いじっていたこともある。これに関しては、年々彼らの不機嫌度は高くなっており、かつては偉い先生のツッコミに甘んじていたが、もう大人なシティギャルは黙って受け入れない。そんなテイストで言葉と表情のあたりが強くなる。

鳥取はどーかと思いますみたいな。


なんとなく山口県の話が交ざる。

二人 「あ、山口ですか。あそこはもう。まあ、ね、頑張ってくださいというか」

ソフトな上からに少しびっくり。本州最南端という素晴らしい位置にいる県を、ばかにしきるつもりもなく軽く、まあそれはそれでってな感じ。

たけ 「じゃあ、その下の下にある広島は………」

二人 「あ!それはもう!! 広島は広島ですから!!!」

二人共、あっというまにひれ伏すコメント。

島根会、力関係わかりやすいぞ!!!!

この島根と隣接県の隣接権の雰囲気を、前出の浜田市出身の楽器屋店員に説明すると、うつむいたまま肩を震わせてしばらく笑いをこらえていた。


どうらや、真実らしい。


N響、練習。夜、ジパング。

posted by take at 23:51| 活動報告