2015年09月04日

まだまだ、もっともっと


昨日はオケスタとクァルテットのレッスン。

オケスタはチャイコフスキーの四番のフィナーレ、ローマの謝肉祭、ブラームスの四番の三チーム。

チャイコフスキーでは、のっけからしっかり目に吹こうとトライしているのは良いのだが、まだまだ。もっと吹き込み、

たくましいフォルテ

で表現しないと、曲がもつ雄々しさは伝わらない。


ローマの謝肉祭は、スピーディーに吹こうとしているのは良いのだが、まだまだ。もっとマルカートで、更に

華やかな鮮やかさ

を表現しないと、謝肉祭の歓喜溢れる賑やかさは伝わらない。


ブラームスの四番は、コラールを静かに美しく表現しようとしているのは良いのだが、まだまだ。もっとおとなしいだけの息ではなく

人間らしい生気

を音に込めないと、人間の音楽としてのブラームスの歌は伝わらない。


特にブラームスで感じた必要な息は、このあとのドイツ曲集を使ったクァルテットレッスンでも、強く要求することになりました。

音程が調和し、心地好いサウンドにはなっている。ある意味とても静かにコラールを吹こうとしている。でもそれだけでは

「トロンボーンのハーモニーって綺麗だな。いい音だな」

ということは伝わっても、人間らしい歌の喜び、その奥から訴えかけてくる

生の歓び

は感じられない。ピアノ、ピアニシモという記号を日本語的に “弱く” と感じ過ぎず、活き活きとした息が表現する、生きる歓びに溢れたサウンド。そんな息を期待したい。


僕の好きな言葉。


瞳に輝きをもって、スケールですら喜びに溢れて演奏できるように。


身体と息と瞳と表現の喜びを全て使って吹く。


まだまだ、もっともっと。


休日。

posted by take at 19:45| 活動報告