2015年09月15日

健康的職業


大学時代、保険管理センターの偉い先生に、健康に暮らす秘訣を聞いたことがある。

「一日一回、玉のような汗をかきなさい。演奏での緊張による冷や汗やあぶら汗ではだめですよ。運動による玉のような汗です」


オケマンの先輩たちが、以前よく冗談で言っていた。

「指揮者ってのはいいよなあ。音はずすとかプレッシャーないし、言いたいこと言ってストレス溜めず、適度な運動して、ギャラがっぽり。年とればとるほど巨匠扱いされ……」

まあ、上記の意見に関して、指揮者の方々にはいろいろ言いたいことがあるでしょうが、ひとつ間違いなく言えるのは


「適度どころか、もの凄く良い運動になっている」


ということ。 集中してリズムを刻み、呼吸をしながらかなりの時間両腕を動かし続けるわけで、これはエアロバイクをこいでいるが如くの完璧な 『有酸素運動』なわけです。 一時間も二時間もエアロバイクをこぎ続けるなんて無理で、それよりもなかなかに激しい運動になっていることは確か。

年齢を重ねていくにつれ、常に激しく腕を動かすよりは、身体を痛めないように効率よく振るようになる人は多い。自分を律し、そこまでしなくてもオーケストラから音が出ることを学んでいく。そうやりきれず身体を壊したマエストロもいるが、大抵皆さん “力が抜け、無駄に力まず、最小限の動き” の方へ向かう。

それでも、練習一枠ごとにシャツ着替えたりする人も結構います。やってみるとわかるのですが、本人はそこまで激しく動いているつもりなくても、何気に長い時間継続してるわけで、思った以上に汗かきます。


僕のように効率の悪い指揮だと、一昨日のコンサートでビール10杯以上汗かいた感じ。

「3キロくらい痩せたんじゃない?」

と終演後言われましたが、本人的には5キロは痩せた印象。

指揮者は、本番のみならず、練習でも日常的に振っているわけですから、かなりいい運動を続けていることになる。

その点は羨ましい職業です。


休日。

posted by take at 19:33| 活動報告

2015年09月14日

必要な変化


昨日のブロカートのコンサート。お越しくださった皆さん、本当にありがとうございました。


今回あらためて、変化の重要性を感じました。

アマチュアオーケストラの活動というのは何気に大変なことが多い。各楽器がそれなりの人数揃ってなくては成立しない。演奏だけでなく、様々な運営項目も全て自分たちでやらなくてはならない。

そして、皆さん仕事をしながら、家庭をもったりでの活動なので、ずっと続けられないこともある。転勤、出産ほか。

個人的にも団体的にもとても大変なのに、やはりオーケストラの演奏を体験したくて人が集まる。

そんな団体に必要なのは、何物にも代えがたい大人な雰囲気だし、そんな個人に必要なのは理屈ではない充実感。

想像以上の困難を打ち破っても、持続されるモチベーションが生まれるために、不可欠なことは

『変化』

だと思うのです。

団体としての合奏力の向上。個人のスキルアップ。経験することによる、演奏やオーケストラという団体そのものに対する理解。そして人としての成長、人間関係の成熟。

演奏会ごとに曲は変わるわけで、

「それが経験できて良かった」

だけではない、そんな変化こそを、みんなで手にいれていかなければならない。そう強く感じました。

まずは僕自身が理解し、変わらなければならない。


ジパング。

posted by take at 22:58| 活動報告

2015年09月13日

聴ききる


聴衆として、演奏の細部を聴こうとする、聴こえてしまう演奏というのは、流れとしては停滞しているのかもしれない。

細部まで細やかな魅力がちりばめられていることは、素晴らしいことであろう。しかし、聴き手がその瞬間をピックアップして感じているということは “その後” へ連れていってもらえてないことになる。

そんな演奏は、少々長く感じたりする。

日本人は、オーケストラをやるにしても指揮をやるにしても、やり手が

「どれくらい勉強しているか」

を重要視し評価する傾向がある。

どのくらい準備するかは大事だと思うが、問題はその内容で、演奏のディテールを細かく

“研究し、設定”

しなければ仕上がらないのだとしたら、出来上がった全体を、

“自然体で聴ききる歓び”

は薄くなるかもしれない。

ある演奏家がつぶやいたのを聞いたことがある。

「勉強どうこうじゃなくて、いい棒振る人は振るよ」

勉強以前に感性こそが必須で、理屈や理論を超えた感覚にこそ人は脱帽するのだろう。


演奏からやたら細かいテクニックが聴こえてきたり、アイデア的に感じるものもそうかもしれない。

ただ、演奏のスタイルはいろいろあっていいし、印象が画一的になる必要はないからいいっちゃあいい。テクニックを聴かせたい人からテクニックが聴こえ、それを聴きたい人もいるだろうし、アイデアを聴かせたいからアイデアが聴こえ、普通のに飽きた人はそんな演奏を聴きたがるだろうし。

ただ、西洋音楽の根幹にある、楽譜を、自然に止まらず、最後まで互換性をもって流しきった時に訪れる、

“グッとくる感じ”

この本物の感動というのは、研究を好む考察重視型や、オリジナル自己愛的人生観では得られないのかもしれない。

だんだん、そんな気持ちが強くなってきました。


ブロカート、本番。

posted by take at 09:29| 活動報告

2015年09月12日

いよいよ明日です


僕はブロカートフィルの指揮を任されて13年ほど経ちます。

金管及び全体のトレーニングもやることになっているので、様々な練習内容を工夫をしながら合奏や分奏に取り組んできました。

トロンボーン吹きなので、どうしてもアンサンブル重視になりがちですが、弦楽器、木管楽器、打楽器の先生方の力を借りながら、合奏力は少しずつスキルアップしてきた印象です。

僕の指揮も、初期は思い出すのも恥ずかしまくりのチンチクリンで、オーケストラには迷惑かけましたが、少しはましになったと思います。誰も言ってくれないので、自分で言います。


今回は特に

“グン”

と、音楽表現、サウンド、アンサンブルがレベルアップした印象。メンバーの奮起と音楽への情熱の力強さを感じながら、最期のリハーサルを終えました。


僕は彼らの音楽を引き出すことに、指揮するスタンスの全てを使っています。

素晴らしい演奏家たちの、やる気と音楽への愛情溢れる演奏になっていると思います。

もしお時間のある方は、かつしかシンフォニーヒルズまでいらっしゃいませんか。


レッスン。N響、定期。ブロカート。

posted by take at 21:39| 活動報告

2015年09月11日

チャンピョン麺

2015091113310000.jpg


今日は食レポです。

本場長崎で、初めてちゃんぽんを食べた時にはどえらく感激しました。皿うどんも同時に経験し、ダブルでそのうまさにノックアウト。どちらかを選べったって無理無理ってくらい、ふたつとも美味ビームが突き抜けていた。


ですが、東京でガンガン食べるかといえばさにあらず。リンガーハットもほとんど行かないし、そもそも長崎ちゃんぽん屋があまり目に入ってなかった。

2年くらい前だろうか、ふとネットで、関東の長崎ちゃんぽん事情を調べてみたことがあった。すると、ある店がダントツ人気だとあちこちに書かれているではないか。東京に住む長崎人がこぞってここだと書いている。

ベスト5とか書いてたりするが、実はこの店と二番目には凄い差があって、なんて書かれてたりする。当然、頭の隅にひっかかっていた。


ある晩、テレビを見ていたら、ラーメンを取り上げた番組が。芸能人たちが学生に扮し、教室で授業を受けている。先生はその世界では有名なラーメン王みたいな人で、歴史から様々な店の特色なんかを説明していた。

その番組の最後に、誰だかは忘れたが質問を投げたのです。

「で、結局先生が一番美味しいと思うラーメン屋はどこですか?」

その答えがなんと、このちゃんぽん屋だったのです。

先生 「ちょっと皆さんのイメージするラーメンとは違うかもしれませんが、実は…………この店は、ホント美味しいです」

個人的に調べた時とあまり間がなかったので、僕はびっくりしてしまった。


その後、近くまで行って結局食べられなかったこともあったのですが、今日、やっとたどり着くことができました。その店とは


三軒茶屋の『來來來 (らいらいらい)』


福山雅治さんや勝俣州和さんも食べに来るという情報も。ゲネプロの後、セクションのメンバーとくりだしてみました。

四人掛けのテーブルがふたつと、カウンターが数席の小さなお店。厨房に立つ大将も、おかみさんも優しく接してくれます。

野菜たっぷり、エキスも出まくりのちゃんぽんは優しい味ですが、旨味は物凄く感じます。噂にたがわぬうまさ。皿うどん・太麺もみんなでシェアして食べましたが、これまた他にない美味しさ。

食レポと言っときながら、味を詳しく文字にするのは苦手なのですが、とにかく愛される理由は充分に理解できました。


また行きたい……


N響、定期。

posted by take at 22:07| 活動報告