2018年07月16日

素晴らしい師、さりげない師


「中国では、親が、子供の習い先を変える旅をしながら、本当に素晴らしい師を探したりする(していた)」

という話を聞いた。

変えられたお師匠さん、残念でしたね。

先生をやるほうとしては、少なからず背筋がゾッとする恐ろしい話です。

親が子供に素晴らしい教えになる出会いを望むのは当たり前。

子供の立場としては、自分で求めて旅してるというよりは、人生の成り行きでの出会い感が強いでしょうが、後々になって、人生の喜びを導いてくれたことに対する感謝に繋がるような出会いこそが必要なのは確かですね。

あれやこれや旅を続け、訳わかんなくなるのはどうかとは思います。しかし、本当に価値を感じられる唯一無二の出会いを求めての旅というのは、結果必要なことだと思います。



小さい子供だろうが若者だろうが、おっさんだろうがおねえちゃんだろうが、おじいちゃんだろうがおばあちゃんだろうが、その人生の時間に必要なことは、実は同じな気がしています。

充実した取り組み、だからこそ得られる心と身体の好調。

充実した時というのは、没頭できるアイテムが不可欠で、何かしらの生産性と気付きや成長をもたらせてくれるものこそに出会わなければならないでしょう。

若い頃はまだ我が能力や適正の自覚も未開拓で、不安もありますが可能性も幅広く、あらゆる出会いには導かれる感があります。

年齢を重ねたあたりでの新たな充実、定年を迎えたりするとそうでしょうが、自分のやれることやれないことはかなり自覚もあり、そういう意味での不安はあるけど、逆にとにかく何すればいいのか全くわからないというものでもなくなるのでしょう。

没頭できるかどうかは、これはもう運であり運命であり。

ただ若い頃と違って、導かれるのを期待してるだけでは難しく、自分から積極的に探し試し携わっていかなければならない。


そんな時もどんな時も、いろんな方向からの知識や考察が、自分の携わるアイテムを深く見つめることによる没頭に繋がることは確かなので、やはりそんな出会いを求める旅は、どの世代にも必要かと。


無尽蔵に拡げてあれやこれやは必要ないでしょうが、おっさんになったからこそ、新しい方角、新しい面、新しい拡がりの話と出会いたい。


旅の途中、そんなさりげないい師にこそ出会いたいものです。


ブロカート金管分奏

posted by take at 05:57| 活動報告

2018年07月15日

少数派のあるべき姿


「人間70億って少数派じゃね?」という投げ掛けマイブーム。

たとえば分かりやすいのだと、アリなんかはそれこそ計り知れないくらい生きてらっしゃるんじゃないだろうかと。

どこぞの山、ひと山の土の中だけで軽く70億超えてる可能性もアリ、世界のアリを数える単位はどうしましょうみたいな、途方に暮れる感すらアリ


1…………=一(いち)
10………=十(じゅう)
10の2乗…=百(ひゃく)
10の3乗…=千(せん)
10の4乗…=万(まん)
10の8乗…=億(おく)
10の12乗=兆(ちょう)
10の16乗=京(けい)
10の20乗=垓(がい)
10の24乗= (じょorし)
10の28乗=穣(じょう)
10の32乗=溝(こう)
10の36乗=澗(かん)
10の40乗=正(せい)
10の44乗=載(さい)
10の48乗=極(ごく)
10の52乗=恒河沙(ごうがしゃ)
10の56乗=阿僧祇(あそうぎ)
10の60乗=那由多(なゆた)
10の64乗=不可思議(ふかしぎ)
10の68乗=無量大数(むりょうたいすう)


それより多いのを、1アリとしたらくらいいのかもしれません。


人間少ないね


「身体の大きさと数って、比例してるんですかね?」との意見が。

必ずしもそうとは限らない。

ざっくりとしたイメージとしては、身体が大きいのが少ない気もしますが、小さいけど少数派というのもいるでしょう。

ゴジラ、一頭ですよね?!世界に何頭もいたら……ち、ちょっと大変す。


人間、さほどの数でもないのに随分幅聞かせて、肩で風きって地面踏みまくって、我が物顔感満載です。

そして、他の生き物のものでもある地球を蝕めば、少ない者同士で争い殺めたりもしている。

温暖化が本当にこの暑さの原因なら、人類の愚かしさに対するはっきりとした警鐘でしょう。


知力がある自覚があるなら、反省と思いやりこその人間でなくてはなりませんね。


レッスン、ブロカート
ちなみに世界のアリの総数は、1アリ+モハメド・アリ

posted by take at 04:52| 活動報告

2018年07月14日

音数楽


演奏するというのは「算数をする」ということです。数学までではない。算数ですね。掛け算や割り算。

四分音符が基準にあり、×2で玉を白くして二分音符。更に2倍で旗を取り四拍分の全音符。

四分音符を2分割で八分音符、3分割は訳あって3という数字を実際使って表現、更に連桁を足して4分割で16分音符と、数字のオンパレード。全て割り算。


音の長さに関しても、実は算数を使う。

例えば全音符がある1小節が4センチの長さで書かれているとして、正確な長さで吹こうとして、それこそ4センチきっちりはどれくらいなのか、3,9センチになってないか、4,1センチになってないか。その考察は、算数を使ってのものになる。


ということは、就学前に音楽に携わると、学校で習う以前に、音楽によって割り算や掛け算を意識していくということですね。


いずれにせよ、楽譜と向き合うというのは、この算数を使うのが筆致になるのですが、実はあまり使えてない人たちもいる。

使っていても、極めて大雑把でまるで正確ではないとか。

実は苦手だろうがなんだろうが、かなり正確に算数を使う必要がある。


音楽に取り組むというのは、算数をし続けるということ。何気に理系。何気に数字系。何気もなにも計算系なのです。


川越へ

posted by take at 04:22| 活動報告

2018年07月13日

工業製品の価値


テレビにウニの子供がたくさん写っていた。

まあイガイガのまま小さいだけなのだが、気持ち悪いか悪くないかと言えば悪くない。なぜならすんごく美味しいのを知っているわけで、そうすると可愛らしくすら見える。

実はウニのハリは死に至るくらいの毒があり、やたら攻撃的で攻めてくるとなると、可愛いどころかめちゃ怖く、そして気持ち悪い存在になる。

サメだって人間襲わずメチャまいうとなると、怖いどころか大好きな存在になり、子ザメなんか「かわいぃいぃっ」となるのだろう。

人間が持つ印象なんて、自分にとって都合がいいかどうかだけという、大変にお目出度いものである。



管楽器っちゃあ工業製品である。

特に金管楽器なんて金属まくりなわけで、体温も心もあったかい人間からするとまあ冷たいもんだし、そもそも工業な製品なわけで、目的に価値を見いださなければ大分遠くにあるものである。


そして工業製品といっても、イスや机のように便利なものではない。

全くなんも便利ではない。

トロンボーンを使えば高い所の物が取れたり枝が切れるわけではないし、ベルの部分も花をいけることすら無理。

コップや皿の便利さからすると、はっきり言ってどーしよーもないヤツと言われても何も言いかえせないだろう。まあ言い返す能力もそもそもない。


じゃあなんで存在しているのかというと、地球上における少数派のホモサピエンス、70億しかいない人間の快楽と喜びのために存在しているだけ。

便利であるという価値の工業製品とは立ち位置が違う、まあタバコや酒みたいなもんすかね。趣好工業製品。

タバコなんかは、身体に悪いとわかっていてもやめられない人が多いくらい、美味しく気持ち的には嬉しいもんなんでしょう。

酒なんかは、周りと翌朝に悪いとわかっていてもやめられない自分がいるくらい、美味し楽しいし、気持ち的には嬉しいもんなんです。


それと同じ楽器。一度は好きになり付き合ったのに辞められる人というのは、身体と心に合わないような吹き方をしてしまってるんでしょうね。


本来は人間の快楽と喜びのためだけに存在しているだけの工業製品。

快楽と喜びを生むようにセッティングされているはずですから、充分に、存分に享受するような付き合い方をするしか意味の無い存在なのだと思います。

そのような息を送り、そのような音をだし、何より酒の席と同じように、わーわー自分の思いを、少数派の人間相手に発散すればいいだけでしょう。


大塚へ

posted by take at 18:24| 活動報告

2018年07月12日

掴もうとする手


レッスン中に生徒がコメント


「自分は、理解するのにとても時間がかかるタイプなんです」


何年か続けてしていたアプローチ、その真意をある瞬間強く感じ入ったタイミングで、そうアピールしたくなったようだ。


わかります


彼が言いたかったのは

「理解力や才能がある人はストンストンと理解していくのだろうが自分は…。誰しもが当たり前に感じていることを今日まで時間がかかってしまう…」

という不器用宣言みたいなものだと思うが、実はどんな人も、全てが時短学びではない。

実は誰しもが、時間のかかる部分ではかかっているものだ。何年も、へたすりゃ何十年も前に言われたアプローチが、今日になってようやく理解できたということは多々ある。

50過ぎてもあるわけで、本当に時間がかかることは時間がかかる。

みんな学びの項目、その理解の順番に差こそあれ、長い時間ずっと気付き続けている。


そう!長い時間ずっと気付き続けるべきだから“こそ”やっぱり早い段階で持ち合わせていてほしい気質がある。

これは、取り組むこと(私たちならトロンボーン、音楽)と永く、そして上達こそを肥やしに成長していくためこその気質。


『本当に素晴らしいものをリスペクトできる素直さ』

いろんな人と関わりをもち、師からだけでなく、友人や周りとのコミュニケーションからあらゆる示唆を感じることに価値を見いだしながらも、自分こそが素晴らしいものを真摯に見つめる目を持つことが大事。


リスペクトとは尊敬すること、敬意を表すこと、価値を認めて心服することだが、それができて初めて憧れという自分主体の能動エネルギーがわき、そこからようやく


掴もうとする手


が、自分の心から伸びはじめる。

その素直さと共に成長し続け、いくつになっても


「嗚呼、あれはこういうことだったのか!」


と気付き続けられれば、それこそが幸せな学びの人生になるのでしょう。


休日

posted by take at 18:41| 活動報告