2017年03月29日

サムゲタン!!

IMG_7259.jpg



僕が初めてサムゲタンに出会ったのは1991年、N響へ移籍が決まってまだエキストラだった時。25才だった僕はただでさえ緊張マックスなのに、いきなり海外公演。そして初めての韓国。

N響も韓国もよくわけもわからず、ショスタコーヴィッチだったと記憶するが、無事に仕事をやりきることだけを胸に日本を経った。

とにかく周りは知らない年上の演奏家ばかり。ただでさえ怖い雰囲気の方々が更に怖く感じられ、周りとコミュニケーションもろくにとれず隅の方で一人音を出していた。


着いた日の夜だったと思う。

「吉川、サムゲタン食べに行くけど行くか?」

さ、サムゲタン????

「い、行きます」

なんのこっちゃらさっぱりわからなかったが、とにかくついていくことに。

ホテルの近く、路地の一角にある汚い店に入ると、コンサートマスターの徳永次男さんがいらしてて相席することに。

「つんちゃん(徳永さんの愛称)、こいつ今度入る吉川」

紹介されたあたりで緊張マキシマムマックススミダ。とにかく若い時の自分の常だったが、緊張したら黙って酒を飲むはかり。今からは考えられないが、喋られない喋られない。

そうこうしているうちに黒い鍋がやってきた。その時点でも今から自分が何を食べるのかはわかっていない。

スープを一口。

な!なんだ!!この味は!!!

もちろんそれまで経験したことのない味。鶏肉一羽分も一人で食べていいという贅沢感にも感動しまくり。

「こ、これ、美味しいですね!!」

それからは雄弁である。美味しいしか言わなかったのだが。


あれから26年経ち、今では家人が定期的に作るようになり、サムゲタンも日常食に近くなった。

今回のソウルでは景福宮近くの有名店に。キムチのうまさに感動しながら二種類のサムゲタンを楽しむ。

本当に美味しい食べ物だ。家のも負けてないが、本場は入っている人参も立派。カニじゃないが黙って口に運び続ける。口から出るのは、あの頃も今も

「美味しい」

ばかり。後の人生もサムゲタンで健康になり、長生きしながら、更にできるだけ多い回数食べたいものだ。

韓国の奥深さに、カムサムニダ。


ソウルの旅

posted by take at 17:38| 活動報告

2017年03月28日

ソウル再び


わけあって、韓国ソウルに来ました。探さないでください。(と言っている時は大体気にかけて欲しい時なのか?)

N響で来て半年経ってませんが、とにかく来てみました。

訳は聞かないでください。(と言っている時は大体意味はない)

ただの観光です。すみませんスミダ。


ソウルへ

posted by take at 00:35| 活動報告

2017年03月27日

新贅生案(新税制案)


今年度から、我が国では新しい税制案を施行することとなりました。


地球上の空間には限りがあり、国際的に認められた我が国の領土、その地面から大気圏までも決して無限ではありません。

必要な酸素の存在はそういう意味でも量は限られているわけですが、国民は身体の大きさによって、まあその空間に存在している体積(体の積)が違うわけです。

この新税制案では、成人した人の身体が空間を占めている割合によって、税額を変えるものであります。

これは、ダイエットを推進する健康庁からも強く要望があったもので、贅肉を減らして生きていくという意味でも『新贅生案』として……え?身長が伸びたのは自分のせいではない??……ち、ちょっと待ってください(後ろの仕事ができそうなおじさんとゴニョゴニョ)


え〜〜(汗)、今のご意見は大変ごもっともでありまして、縦というよりは横が占める割合で、え?関取はどうするんだ??怪我をしてまで優勝し国民に感動を……あの、ち、ちょっと待ってください(ゴニョゴニョ)


え〜〜(大汗)、特定のスポーツをされている方は優遇されるシステムがですね………え?そもそも、あんたがメタボじゃないか??…まあ、それは(大大汗)、あの、何より食べることが好きでして………


議長「以上を持ちまして、この法案は即時廃案といたします!!」


休日

posted by take at 13:10| 活動報告

2017年03月26日

パクチーの侵略

2017032617060000.jpg



ローソンで狼狽(ろうばい)して損をするところだった。

平成の世の中はあらゆる商品が登場する。コーンポタージュ味のアイスが出れば、チョコレート味の焼きそばも。

ただ、プリンに醤油をかけてウニだと言っているようなところがあり、遊び心と言えばそれはそうで、「ユーモアもペーソスもわからんのか」と非難されれば反論できなくなるが、でもお金を払って買えというものとしては、そのスタンスには賛同したくない、僕は。


で、いきなりパクチーが飲み物になっている。葉っぱがオシャレなドリンクに。

「ハーブだってティーになっとる!!」

そ、そらそうだ。

いや、これは遊びではなく本気だろう。僕がローバイしかけたのは、パクチーがここまで人類の舌を侵食したのかというとこ。

アンチよ、まだいるのか?どこへ行ったのだ?

ジパング岸良が「最近はまって、毎日山盛り食べてるんです」と聞いた時は、びっくらこいたものだ。

もしかしたらパクチー星人の地球侵略が、あまりに上手くいっているのかもしれない。

ネコのマタタビじゃないが、そのうち人類が戦意を喪失したら、パクチー星人が攻めてくるタイミングなのかもしれない。

気を付けながら、世の中の動向を見つめる必要がある。


とにかくこの飲み物は………うまい。


休日

posted by take at 18:15| 活動報告

2017年03月25日

安定感こそ


良い演奏をするために「上手い」という要素は不可欠だ。上手くても響かない演奏ももちろんあるが、良い演奏にはもれなく上手さがコーティングされている。

そして上手さには「安定感」が不可欠だ。安定感からは「安心感」が感じられる。安心感があっても響かない演奏もこれまたあるが、心からの感動は不安なきパフォーマンスからしか得られない。

そんな安定感。自分の演奏に必要なことを、誰もが潜在的に知っている。

ただ、本物の安定を理解し、そのためにこそ必要なトレーニングができているかどうかは疑問だ。


本物の安定感は、大変に厳しい非情(情にあらず)、そんな淡白さと同居している。

その必要性を理解し、トロンボーンという機能と口周りの現実をシビアに見つめられる眼を持つ重要性を感じる。


録音から感じる自分の理想とのギャップは、全て不安定さとして見つめることができる。

安定感に一気にシフトし、その音と技術で感情を込める。

演奏から聞こえるべきは、ほとんどを占める淡白さと、少ない揺らぎなのかもしれない。

そこに、管楽器の表現の極みがある気がします。


安定感に対する、強い欲求と、トレーニングの目的の洗練を目指します。


N響練習

posted by take at 19:04| 活動報告